riup

汗をかきやすい人は薄毛になりやすいのは本当?

「汗っかきの人は剥げる」という、汗と抜け毛・薄毛との直接的な関連はないそうです。

しかし、汗に影響されて頭皮が不衛生になるなどの間接的な影響は十分に考えられます。

汗をかきやすいと言われる肥満タイプの人は健康面の影響を見つめ直す必要もあるでしょう。

薄毛の直接原因は、遺伝要素です。

強い男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が増え、同時に頭皮の汚れで頭皮環境の悪化も作用して抜け毛が増えるのです。

頭皮の汚れの一因として汗があることは事実です。

このことから、体質や生活習慣も関わる「汗の質」を考えてみる必要があるでしょう。

綺麗な汗なら頭皮悪化の影響は少ない

健全な頭皮は青白くなっています。」

弱酸性の皮脂の膜で覆われることで頭皮全体の保湿力を維持しているのです。

健康な体から出る汗は水分がほとんど(99%)で匂いもありません。

しかし、ろ過が十分行われず余分な成分を含む汗となる場合があります。

そのときは、ネバネバした汗が出て汚れた皮脂と混ざるのです。

そうすると、頭皮表面がアルカリ性に傾いて、雑菌が繁殖するのです。

このことから、頭皮を清潔に保ったうえで、水分99%の健康な汗でしたら、抜け毛が増える悪い影響にはつながらないということになります。

「汗が多いと抜け毛が増える」といった関連性は、「頭皮環境の悪化」と「体質や体の機能の低下」につながる場合と考えていいでしょう。

言い汗と悪い汗

汗

汗にはいい汗と悪い汗があるそうです。

水分99%のいい汗は頭皮環境悪化にもつながりにくいとされています。

一方で、余分な成分が混じるネバネバした汗は出てくる量も多くなります。

そして、毛細血管の血液の流れも悪くするといった悪影響が見られるのです。

つまり、大量の汗によって抜け毛が増えるという現象が起こるということですね。

有酸素運動で汗腺の働きを鍛える

普段出る汗は水分が99%ですから、余分な成分がなければ無臭だということです。

しかし、ベタついた汗が出ることで、皮膚(頭皮)の皮脂や汚れと混ざってしまって雑菌が発生します。

そのことから臭いが生まれるのです。

ネバネバした汗の原因となるのは、汗腺の働きが弱まって血漿成分を血液中に戻すろ過機能が働かなくなるからです。

良い汗につなげる方法として、筋トレや有酸素運動を日頃から行うことで、汗腺の働きを鍛えておくとよいでしょう。

汗っかきは頭皮の毛穴の詰まりに注意!

薄毛の原因はベタベタな汗

汗をかく男性は剥げになりやすいとされています。

結論としては、「嘘とは言えない」噂といっていいでしょう。

汗をかく人は、薄毛やM字剥げの進行を早める可能性が十分に考えられからです。

いくつか薄毛の原因はあるのですが、その一つに「毛穴が詰まる」ことも理由となっています。

毛穴が詰まる仕組みは、正常値を超えた過剰な量の皮脂が分泌されたときです。

多少の皮脂は頭皮を保護するために必要です。

しかし、大量に皮脂が分泌されてしまうと汚れや菌が住み着いてしまって頭皮や毛根に悪影響を与えるのです。

その結果、髪の成長を妨げてしまい、毛母(髪を生成する組織)の働きが悪くなります。

そうなることで薄毛やM字はげを引き起こしてしまうのです。

汗には2つのタイプがあります。

「汗線から分泌される汗」と「皮脂腺から分泌される汗」です。

汗は体内の老廃物を体外に排出する大切な役割があります。

正常に汗をかくことは体の機能を整えるうえで重要なのですね。

老廃物を体外に排出する際、汗線から分泌される汗がその役目を果たします。

問題となるは、皮脂腺から分泌される汗です。

皮脂腺から分泌される汗は毛穴だけを開いて、老廃物を外に出さないという厄介な性質があるのです。

老廃物が毛穴や毛根に蓄積されてしまうので、当然悪い影響を及ぼしてしまうのです。

大事なポイントは、どちらの汗が発生しても、それを区別することなく、「汗をかいたら頭皮を清潔な状態にする」のが正しいケアとなるのです。

更年期になると普段通りの生活でもなぜか太りやすくなる

更年期は男性女性の両方に訪れるものですが、特に女性の場合は、ライフサイクルの大きな転換期にあたります。

女性ホルモンが低下していくのはもちろんですが、それよりも前に基礎代謝が低下していきます。

更年期になると特に体内の水分が排出されにくくなります。

そして血流が新陳代謝がさらに低下するという悪循環になってしまうのです。

これは男性にも言えることですし、女性の場合は特に生理前のような状態になります。

更年期において、女性の多くは閉経します。

これによって、卵巣から本来分泌される女性ホルモンであるエストロゲンが失われます。

このエストロゲンというのが女性にとっては重要で、これが少なくなることによって肥満につながってしまうのです。

男性にも同じようなことが言えます。

男性の場合は男性ホルモンになるのですが、更年期を迎えるとホルモンのバランスが著しく悪くなります。

情緒が不安定になり、暴飲暴食が進むことで肥満につながります。

体も肥満しやすい体質になるので、これで一気に肥満に一直線となってしまうのです。

女性ホルモンや男性ホルモンの減少によるホルモンバランスの悪化、さらには新陳代謝の衰えなどから、食べたものが体内に滞留してしまうことが肥満の原因となってしまうのです。

更年期のダイエット方法

中高年になると、ダイエットをしてもなかなか体重を落とすことはできないと言われています。

その一番の理由は新陳代謝が衰えることです。

それでも、中高年、特に更年期になってもダイエットは難しいのか、うまくダイエットできる方法はないのかを探ってみます。

更年期にさしかかる頃には体の筋肉量が減少します。

筋肉は体の中でも特にエネルギーを消費する部分です。

ですから、筋肉量の減少がそのまま、新陳代謝の低下につながっているのです。

これを基礎代謝に置き換えてもいいのですが、基礎代謝は、体温の維持や臓器の働きの維持を司る、生命を維持するためにも欠かせないエネルギーを生み出すものです。

これが衰えるということは、じっとしていてもエネルギーが減っていくということになるのです。

ですから、更年期の年代になるとダイエットも成功しなくなるというわけです。

それでは、何をしてもダイエットはだめなのかということになるのですが、まずは、基本となる体作りを目指すようにします。

若いと思って食べているとそれをすべて消化しきれないのでそのまま体の中にとどまって脂肪になるのです。

まずは、食事のバランスを取ることから始めるようにします。

女性の更年期は、骨がもろくなりやすいです。そのため、カルシウムを多く取る食事が必要となります。

最も大切なのは内臓脂肪を落とすこと

まずは、内臓脂肪を落とす方法を考えなくてはいけません。

そして、できれば筋肉をつけたほうがいいでしょう。

筋肉の衰えで内臓脂肪を支えきれずに脂肪が垂れ下がってしまったり大きく見えたりするのです。

更年期は、自律神経が乱れてしまうので、そのために基礎代謝が低下します。

また、筋肉が衰えてくるので、内臓脂肪を支えきれません。

そして、筋肉には代謝を高めて、脂肪を燃焼させてくれる効果もあるのです。

まずは、筋肉を付けることが大事なので、日常生活の中に適度な運動を取り入れるようにしましょう。

よく聞く方法ですが、エレベーターをやめて階段の上り下りをするのはかなり有効です。

一駅早く降りて自宅まで歩いて帰るという方法もいいでしょう。

とにかく、筋肉を付けることと有酸素運動をすることが内臓脂肪を落とす早道になります。

そして、食生活の改善です。

バランスの取れた食事はもちろんなのですが、できるだけ脂っこいものは控えて、糖質も控えるようにしましょう。

お肉はたくさん食べていいというわけではなく、控えめにしながらまんべんなくということになります。

難しいですが、まずは節食することから始めましょう。

メタボは治療できる?

内臓脂肪

内臓脂肪型肥満症のことをメタボと呼ぶことが多いのですが、それは正しくはありません。

さらに高血糖、高血圧、さらには脂質異常症などが合わさってメタボと呼んでいるのです。

メタボは生活習慣病とは呼ばないのですが、その一歩手前であることは間違いありません。

メタボの治療となると一筋縄ではいかないのですが、基本となるのは次の3つになります。

食事療法、運動療法、そして生活習慣の改善です。メタボの治療では、食事療法がもっとも大切です。

まず、過食は避けましょう。

そして、脂肪分、塩分、糖質の取り過ぎには注意します。

健康的でバランスの良い食事がベストですが、見当がつかないことも多いと思います。

伝統的な日本の食事といったらイメージがわくでしょうか。

油分の少ない食事が並んでいると思います。

精進料理などが理想なのですが、メタボ治療で入院するとかなりの節食にびっくりすると思います。

まずは、家庭内で食事療法を取り入れるようにしましょう。

併せて運動をすることが大切です。

運動は、散歩など最初は軽いものから始めるようにします。

そして、早寝早起きなど生活習慣の改善をするようにしましょう。

抜け毛の改善には原因を知ることが大事

抜け毛が増えてしまうと薄毛になってしまい、仕事や学校などに行きたくなくなりますし、プライベートでも外出を控えるようになりますので何も楽しくありません。

それに、抜け毛が増えて薄毛になってしまうと、抜け毛を減らそうとするのではなく帽子などで隠そうとする人もいますが、その帽子によって蒸れてしまい抜け毛を増やしてしまうこともあります。

ですので、抜け毛は減らせるようにしなければいけませんが、抜け毛を改善するにはまず原因を知ることが重要となります。

なぜなら、原因を知っておかないと対策がとれませんし、仮に改善できたとしても再び抜け毛が増えてしまうからです。

色々な努力をしてせっかく抜け毛を改善したのに再び抜け毛が増えてしまったら、もう1回頑張ろうと思えなくなるかもしれません。

では、抜け毛の原因にはどのようなことがあるのでしょうか?

それは、遺伝や生活習慣、食生活などが挙げられます。

また、ストレスで精神的な抜け毛の原因になることもありますし、喫煙や過度の飲酒、紫外線の浴び過ぎや更年期症状による抜け毛の原因もあります。

それに、不適切なヘアケアによって頭皮にダメージを与えてしまうことも抜け毛の原因になってしまうことがあります。

遺伝

抜け毛で悩まされている人の中には、色々な予防策をとっていたのに抜け毛が増えて薄毛になってしまったという人もいるのではないでしょうか。

そうした人は薄毛が遺伝している可能性が考えられます。

抜け毛や薄毛は遺伝するって本当?と思う人も多くいるでしょうが、本当のところはどうなのでしょうか。

実は抜け毛や薄毛は遺伝するとされており、実際に遺伝が原因となって抜け毛や薄毛で悩まされている人がいます。

近年、抜け毛や薄毛に関する研究が進み、男性でも女性でも遺伝によって抜け毛や薄毛になることが解明されてきました。

抜け毛や薄毛の遺伝は母方からの遺伝子を約80%の確率で受け継ぐとされており、X染色体の一つであるアンドロゲンレセプター(AR)と呼ばれる受容体が深く関わっています

このX染色体は母方から受け継がれる遺伝子ですので、母方から遺伝することが考えられているのです。

また、抜け毛や薄毛の遺伝的要素と考えられるものに還元酵素である5αリダクターゼがあり、この還元酵素の活動が活発な遺伝子を受け継ぐと男性ホルモンのテストステロンが抜け毛や薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変換されやすくなって抜け毛が増えて薄毛になりやすくなるのです。

生活習慣

抜け毛の原因の一つに生活習慣があり、何気なく過ごしている日常生活の中には様々な抜け毛の原因があるとされています。

では、生活習慣が乱れることでどうして抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

それは、生活習慣が乱れることによって頭皮の血行不良を引き起こすからです。

頭皮が血行不良を引き起こすと髪に必要な栄養をしっかり行き届かせることができなくなり、これによって健康な髪の毛が育ちにくくなったり抜けやすい弱い髪の毛が生えやすくなったりします。

ここで気になってくるのがどのような生活習慣の乱れが抜け毛を増やすのかということです。

抜け毛の原因となる生活習慣は、運動不足や睡眠不足、ストレスなどです。

ストレスはホルモンバランスを乱して血管を収縮させてしまい、これが血流量を減らして頭皮へ悪影響を及ぼしてしまいます。

運動不足でも同じことが言え、運動不足によって全身の血行が悪くなって頭皮の血行不良を引き起こしてしまいます。

睡眠不足は髪の成長に必要なホルモン分泌を減らしてしまいますし、新陳代謝が活発になるホルモンを分泌されにくくなって抜け毛の原因になります。

それに、睡眠不足がストレスになって血管を収縮させるという悪循環を招いてしまいます。

食生活

揚げ物

抜け毛の原因になることはストレスやホルモンバランスの乱れなど色々なことがありますが、その中の一つに食生活が原因になることがあります。

では、どのような食生活が抜け毛の原因となるのでしょうか?

それは、食べるものや食べ方、食べる時間などが挙げられます。

食べ物が抜け毛の原因となるのは脂っこい食べ物で、脂が多いと皮脂の分泌量が増えて毛穴を詰まらせることとなり、これが髪の成長を妨げたり抜け落ちやすい髪の毛を作ってしまいます。

また、脂が多くて高カロリーな食べ物は肥満を招いて頭皮の血流を悪くし、頭皮環境を悪化させて抜け毛を増やす原因となります。

食べる時間が遅いと髪に必要な栄養を頭皮に運ぶ妨げとなり、結果的に頭皮環境を悪化させて抜け毛の原因となるのです。

食べ方が抜け毛の原因となるのは、1度に大量のものを早く食べることで内臓に負担をかけるからです。

内臓に負担がかかると内臓機能が弱くなり、髪の毛に必要な栄養をうまく取り入れられなくなってしまうからです。

このようなことからも分かるように、食生活でも抜け毛の原因になることはありますので、食べるものや食べ方、食べる時間などに気を付けておき、抜け毛や薄毛を予防したり改善したりしてみてください。

最近は女性用育毛剤の効果もすごい!

女性

抜け毛・薄毛で悩むのは男性が多いイメージがあるかもしれませんが、実は女性でも髪の毛の症状に悩んでいる人は多いです。

そのため、最近は女性用育毛剤も数多く販売されており、使いやすさや効果にこだわった商品も多いです。
男性用育毛剤には、発毛・育毛に直接的に働き掛ける有効成分が中心に配合されていることが多いですが、効果が高い有効成分は頭皮への刺激も強いことがあります。

女性の頭皮はデリケートなので、男性用育毛剤と同じ配合では刺激が強すぎるなどの理由で、その他の成分のほうを重視した配合になっている商品も多いです。
例えば、血行促進効果のあるセンブリエキスや、頭皮環境を整えるグリチルリチン酸2Kなどです。

女性が選ぶべき育毛剤はこちらです!→おすすめ女性用育毛剤

頭皮を健康な状態へと導いていける成分が配合されていながらも、頭皮に強い刺激を与えてしまう心配が少ないので、安心してケアを続けやすいです。
体への影響が少ない女性用育毛剤は、「医薬部外品」に登録されていることが多く、スキンケア用品やオーラル用品などと同じ感覚で使用できます。

他にも、香料・着色料を使わず無添加にこだわって作られていたり、一部の成分をナノ化して頭皮に吸収されやすくしているなど、女性用育毛剤ならではの特徴ある商品が多いです。

女性の薄毛の特徴

女性の薄毛は、男性の薄毛とは症状の出方も原因も違います。
男性の薄毛は、生え際や頭頂部などから髪の毛が抜け落ちていき、最終的にはハゲた状態になってしまうことが多いです。

それに比べて女性の薄毛は、頭部全体の髪の毛のボリュームが少しずつ減っていき、部分的にハゲてしまうということはあまりありません。
薄毛を発症する原因も、遺伝的なものが原因であることは少なく、日常的なストレスや加齢によってホルモンバランスが変化することで、抜け毛・薄毛になってしまう女性が多いです。

そのため、ホルモンバランスを整えるように気を付けたり、女性ホルモンの増減で頭皮環境が悪化しないよう念入りなケアをしていくことで、男性の薄毛よりも予防・改善しやすい場合が多いです。

育毛剤で頭皮環境の改善を促しながら、生活習慣を見直してホルモンバランスを整えるよう意識するだけでも、健康な髪の毛を維持していけるかもしれません。
また、女性は妊娠・出産を経験することで、一時的に薄毛になることもあります。
突然髪の毛が抜け始めて驚くかもしれませんが、ほとんどの場合は、出産を終えてホルモンバランスが整うにつれて抜け毛も治まっていきます。

なぜ男性よりも改善しやすいのか?

女性の薄毛が男性よりも改善しやすい理由は、薄毛を発症する原因にあります。
男性の場合、男性ホルモンが抜け毛を進行させてしまうホルモンに変異することで、健康な髪の毛が減ってしまうことが多いです。

このホルモンの変異は、親から遺伝した体質的なものによる場合が多く、意識して予防することが難しい人もいます。
しかし、女性の場合は遺伝による体質的なことが原因で薄毛になる人はほとんどおらず、何らかの理由で女性ホルモンのバランスが乱れ、頭皮環境が悪化することで薄毛になります。

そのため、女性ホルモンの量が急激に変化しないよう普段から気を付けたり、頭皮環境が悪化しすぎないようケアを続けていくことで、男性よりも比較的薄毛を予防・改善しやすいと言われています。
女性ホルモンが変動してしまう理由としては、日常的に感じるストレスや生活習慣の乱れによるストレス、加齢、妊娠・出産などがあります。

ストレスを溜め込みすぎないよう心掛け、頭皮を常に清潔で潤った状態に保つことで、髪の毛のボリュームを取り戻していける可能性が高いです。
妊娠・出産による薄毛の場合は、男性の薄毛のように髪の毛が一気に抜けてしまうこともあるので、育毛剤や育毛シャンプーを使って効果的なケアをしている人も多いようです。

女性用育毛剤の特徴

妊婦

女性用育毛剤の大きな特徴は、“体への影響が少ない”ことにこだわって作られている商品が多いことです。
髪の毛を育てていくために必要な成分は配合されているものの、頭皮に強い刺激を与える成分は極力配合しないよう注意して作られている育毛剤が多いので、女性のデリケートな頭皮にも安心して使用できます。

敏感肌・妊娠中・授乳中の女性でも使用できるように、香料・着色料などを使わず無添加で作られている育毛剤もあるので、肌の弱い男性が使用しても良いかもしれません。
女性の薄毛を発症する原因のひとつである頭皮環境を改善するために、血行促進効果のある成分や、保湿効果のある成分を中心に配合している育毛剤が多いです。

商品によっては、天然植物由来の成分や美容成分がプラスで配合されているものもあり、頭皮環境を整えながら美髪ケアに効果を期待できます。
トリートメント効果が備わっているものもあり、綺麗な髪の毛を維持していきたい女性にとっては嬉しいですね。

また、女性の使いやすさを考えて、香りがあまりしない女性用育毛剤が多いです。
毎日使用しても家族に気付かれない、外出前に使用しても嫌なにおいがしない、香水のにおいと混ざらない、など周囲の視線を気にせず使える配慮がされています。

リアップの飲み薬の効果 ミノキシジル内服薬は取扱い注意

ミノキシジル 内服薬

ミノキシジルタブレットは肝臓に影響する

ミノキシジルは血管を拡張する作用があります。

このことから、血圧に問題をかかえる人や心臓が弱い人は服用に注意する必要があるでしょう。

実際にそのことは、よく知られています。

しかし、それだけでありません。

実は肝臓に大きな影響を及ぼすのです。

肝臓の働きは、摂取された食べ物やアルコール成分、薬の成分、そして体にとって不要なものを分解するところです。

内臓の中では、とても重要な臓器といってもいいでしょう。

ですから人間が知らずに毒気のあるものを食べても、ある程度肝臓が解毒してくれるのです。

ミノキシジル 副作用

得体の知れない成分の毒を抜き、代謝をしてエネルギーを蓄え、そして不要物を排出してくれるのですから、肝臓はとても忙しい臓器と言えます。

ですから、副作用の強いミノキシジルを、長期にわたって服用するということは、肝臓にそれだけ負担を強いることになるのです。

ですから、ミノキシジルの服用で、肝臓に無理をさせてしまっているということになるのです。

アルコール&ミノキシジルは危険

薬品もそうですが、同じく肝臓に負担をかけてしまうのがアルコールです。

よく「休肝日」という言葉を聞きます。

お酒を飲む人が肝臓をいたわり「お酒を飲まない日」のことを指して言う言葉です。

ですから、肝臓にはお休みを与えてあげないといけないということですね。

ミノキシジル内服薬は全身が毛深くなる!

薄毛治療を調べているとよく出てくるミノキシジル内服薬です。

ミノキシジルを服用すると体毛が濃くなるというのです。

「薄毛が解消されて、頭髪が濃くなるのは嬉しいけれど…他の部分の体毛が濃くなるのはちょっと困る…」

「薄毛の薬なのに、体毛が濃くなるのはなぜ?」

といった人も多いでしょう。

結論として、ミノキシジル内服薬を服用すると体毛が濃くなることがあるそうです。

なぜなら、ミノキシジルの副作用には体毛が濃くなる、多毛が認められていると書かれているからです。

そもそも、主成分であるミノキシジルは、もともと高血圧用の医薬品です。

ミノキシジルが発毛薬として利用されるようになったのは、ミノキシジルの副作用の多毛があったのです。

ミノキシジルの働きは、血行を促進し髪の毛を作り出す毛乳頭に栄養を与え、そこから発毛を促すことです。

ミノキシジルを服用すると、血管を通って身体中を駆け巡るのです。

すると、頭皮だけではなく、全身の毛乳頭にも栄養が行き届くのですから、頭髪以外の体毛も濃くなるということですね。

つまり、体毛が濃くなるということは、ミノキシジルの効果の現れなのです。

塗り薬タイプが使いやすく副作用も限定的

リアップ×5やロゲインの主成分はミノキシジルです。

これは、厚労省が認めている発毛成分であり、発毛効果が十分に期待できる成分なのです。

ミノキシジルは高血圧の治療薬として使用されてきましたが、多毛症の副作用が相次いだことから、発毛効果があることがわかし、発毛剤として今日のように活用されるようになったのです。

その後の研究で、ミノキシジルの血管拡張効果によって、頭皮の毛細血管も拡張させることがわかったのです。

これによって、髪の生成に必要な栄養素が毛包や毛母細胞にしっかり行き渡るようになりました。

ミノキシジルの作用によって、栄養がしっかり行き渡った毛包や毛母細胞からは太くて丈夫な髪が生えてくるようになるのです。

ミノキシジルにはリアップ×5やロゲインのような塗り薬タイプと内服するタイプがあります。

内服タイプのほうが効果が大きいとされているのですが、内臓への負担も大きく、副作用が心配されます。

内服タイプは全身に作用してしまうので、多毛という副作用も大きく、それが懸念材料となっているのです。

ですから、効果が薄くても持続することを考えたら塗り薬タイプのほうがおすすめとなるのです。

自宅で頭皮ケアができる!頭皮マッサージ器の実力

頭皮

髪の量が少なくて悩んでいる人は薄毛になる可能性がありますので頭皮ケアが必要となります。

髪が細くなってハリやコシ、ボリュームがなくなってきた人も注意が必要です。

頭皮ケアを毎日しっかり続けることによって薄毛の進行を防ぐことができますし、まだ薄くなっていない人は薄毛を未然に防ぐこともできます。

では、自宅での頭皮ケアではどのような方法が良いのでしょうか?

それは頭皮マッサージ器を使用した頭皮ケアです。

頭皮マッサージ器はシャンプーをするときに使うものもあり、指では与えられない刺激を与えることができますし、皮脂や汚れなどを綺麗に取り除くこともできます。

それに頭皮の血行が良くなりますので髪の成長に必要な栄養をしっかり行き届かせることができて抜け毛を防ぐことができますし、頭皮に潤いを与えてフケや痒みを抑えることもできます。

また、頭皮マッサージ器は大きく分けて振動で揉みほぐすタイプと洗浄するタイプがあります。

揉みほぐすタイプは、振動で頭皮の凝り固まった皮膚をほぐして血行を良くし、表皮や毛嚢、血管まで刺激して質の良い髪を作ることができますし、振動が心地良いのでリラックス効果も得ることができます。

洗浄タイプはその名の通り頭皮を洗浄するのですが、フケが多い人や皮脂が大量に分泌される人、毛穴に汚れが溜まりやすい人に良いでしょう。

このようなことからも分かるように、頭皮マッサージ器があれば自宅で気軽に頭皮ケアすることができますし、手が疲れませんので面倒くさくなりません。

だから、長く続けることもできますので頭皮マッサージ器を使用することをお勧めします。

おすすめの頭皮マッサージ器

自宅で頭皮ケアするときに良いのが頭皮マッサージ器です。

この頭皮マッサージ器は数多く販売されていますので、これから購入しようと考えている人はどれが良いのか悩んでしまうでしょう。

特に薄毛で悩んでいる人は薄毛改善効果があるマッサージ器を使用したくなりますが、ここでは発毛剤と一緒に使用することで改善効果が得やすくなるおすすめマッサージ器を紹介します。

その頭皮マッサージ器とは「インボーテ・フィンガーヘッドスパ」です。

この頭皮マッサージ器は鹿の角のようなデザインが特徴的となっており、先端部分の突起から1分間に約8,500回の振動が発生し、頭皮を傷めることなくマッサージすることができます。

また、すごく優しい素材で作られていますので人の指でマッサージされているような心地よさがありますし、先端部分がブラシ状に分かれていますので髪の毛をかき分けながら頭皮に程よい刺激を与えることができるのです。

それに、タテの動きで叩く振動と横の動きで揺れる振動が交互に行われますので、指では取り除けない毛穴の奥の皮脂や汚れなども綺麗に取り除くことが可能となります

このようなおすすめ頭皮マッサージ器を使用して、頭皮環境を整えるのも良いですし、薄毛予防や改善に役立たせるのも良いので気になる人は使用してみてください。

使い方

おすすめ頭皮マッサージ器の使い方は、最初に額からコメカミへと生え際に沿ってスライドさせます。

次に顔周りの生え際から髪をかきあげるように頭頂部へと動かします。

サイドのケアはコメカミから頭頂部へとゆっくり動かし、後頭部のケアは襟足から斜めにスライドさせます。

こうしたことを入浴する1分前に行うと頭皮の汚れを浮かせることができてシャンプーがより効果的になり、入浴後のタオルドライ後に1分行うだけで頭皮の血行が良くなりますし、頭皮が柔らかく解されて健康な頭皮にすることができます。

また、毎日続けることによって髪の毛のコシやハリが出てくるだけではなく額のシワや白髪の改善まで期待することができます。

使用するときの注意点は3分以上使用しないことです。

長く使用すると頭皮を傷めて逆効果になる可能性があるからです。

それに、力を入れ過ぎて動かすのも頭皮を傷める原因になりますし、抜け毛が増える可能性もありますので、程よい力加減でゆっくり動かすようにしましょう。

すでに髪がない人でも効果があるの?

頭皮ケアができる方法の一つに頭皮マッサージ器を使用するという方法があります。

自宅で気軽に頭皮ケアできるとあって人気を集めていますが、すでに髪がない人でも効果があるのでしょうか?

勿論、すでに髪がない人にも効果があります。

髪がなくても頭皮ケアは重要ですので毎日続けたほうが良いのですが、あまり刺激を与え過ぎるのは良くありませんので注意が必要です。

薄毛にも良い理由は頭皮マッサージによる血行促進効果があるからです。

頭皮の血行が良くなると髪の毛の元となる毛母細胞を活性化させることができますし、頭皮の新陳代謝が活発になりますので頭皮環境が整って毛穴の詰まりや乾燥などのトラブルを防ぐことができます。

また、良い頭皮環境を保つことも薄毛には重要なこととなり、頭皮マッサージ器を使用することによって必要な酸素や栄養が運ばれます。

こうしたことからも分かるように、すでに髪がない人にも頭皮環境を整える効果がありますので、薄毛で悩んでいる人も使用すると良いでしょう。

リアップとの併用が効果的

薄毛に効果があるリアップを使用する人は多くいますが、そのリアップと頭皮マッサージ器を併用することで、より発毛効果を得ることができます。

では、リアップと頭皮マッサージ器の併用が効果的なのはどうしてでしょうか?

それは、リアップに含まれる発毛成分が浸透しやすくなるからです。

リアップだけでも頭皮の血行は良くなりますが、頭皮マッサージ器で更に血行を良くすることで頭皮環境を整えて浸透しやすくなるのです。

それに、リアップを使用する前に頭皮マッサージ器を使用しておけば、毛穴の汚れが無くなって浸透しやすくなりますし、余分な皮脂を取り除いて効率よく浸透させることができます。

そして、発毛成分が浸透すればハリやコシがある健康な髪の毛になり、ぺしゃんこだった髪がボリュームアップすることもあります。

リアップを使用している人は自分の指でマッサージするのも良いのですが、マッサージ器を使用するのも効果的ですので試してみてください。

AGAはサプリで解消されることはある?

サプリ

薄毛で悩んでいる人は何らかの方法で改善しようとしているでしょう。

何かに頼って改善するのは早道ですし効果的な方法もありますので良いのですが、ではAGAはサプリで解消できるのでしょうか?

その答えは確実に解消できるわけではありません。

確かにサプリには頭皮環境を整える成分などが含まれていますので、頭皮環境を整えて発毛を促す効果を期待することはできますが、確実に効果が得られるという発毛成分は含まれていませんし、医学的に効果が立証されているミノキシジルやフィナステリドなども含まれていません。

また、頭皮環境を整えることはできますが、完全に抜け落ちている髪の毛をフサフサにすることはサプリでは力不足と考えられます。

このようなことからも分かるように、サプリでは発毛効果が得にくいので確実に解消できるわけではありませんが、抜け毛の予防や髪への栄養補給、男性ホルモン抑制などの効果は期待できますので、発毛剤と併用して育毛をサポートするのは良いと言えます。

漢方薬や鍼治療の薄毛治療

漢方薬で薄毛治療している人は多くいます。

漢方薬は副作用が少ないので気軽に服用できるからです。

しかし、漢方薬の薄毛治療は効果が得られないことがありますし、効果が得られても時間がかかり過ぎてしまうことがありますので、長期間続けなければいけません。

だから、途中であきらめてしまう人が多くいるのです。

では漢方薬の薄毛治療ではどのような効果が得られるのでしょうか?

それは発毛効果ではなく、発毛を促す頭皮の血行促進効果やヘアサイクルを整えて抜け毛を防ぐという効果です。

血行促進効果によって頭皮環境を整えることができますので抜け毛を防ぐことができますし、ヘアサイクルの成長期を伸ばすことによって毛髪成長を促すことができます。

しかし、あくまでも薄毛状態をフサフサ状態にするのは困難ですので、漢方薬だけの薄毛治療ではなく発毛剤との併用が効果的と言えます。

鍼治療は体の不調を改善するときによく使われる治療ですが、薄毛治療で使われていたことをご存知でしょうか?

頭に針を挿すので怖いですし、すごく効果がありそうなイメージがあります。

この鍼治療で得られる効果は新陳代謝が活発になることや血行促進効果、蓄積されているストレスの解消などです。

残念ながら確実な発毛効果は得られませんが、薄毛の原因となるストレスを解消できますし新陳代謝を活発にしてヘアサイクルを整えることができます。

このように漢方薬や鍼治療の薄毛治療は抜け毛予防や頭皮環境を整えることなど、ある程度の効果を得ることはできますが、フサフサにまではできませんので薄毛を改善したい人は気を付けておきましょう。

ミノキシジルは本当に効果がある?

発毛剤に配合されている成分の一つにミノキシジルがあります。

このミノキシジルは高血圧治療薬として開発された成分で、育毛効果がみられたため育毛成分として使われるようになりました

また、ミノキシジルは血管を拡張させて血流を良くし、毛根に栄養を行き渡らせることによって毛髪の再生を促します。

効果が出始めるのは使用し始めてから6か月くらいが平均とされており、早い人では3か月くらいで効果が出始めますし、遅い人では1年くらいかかることもあります。

こうした効果があるミノキシジルはAGA(男性型脱毛症)に効果があり、太くて強く、コシやハリがある毛髪にさせることができ、スカスカだった薄毛がボリュームがあるフサフサした状態にすることができます。

こうしたことからも分かるように、ミノキシジルはAGAに効果がありますので、AGAで悩んでいる人に使用されていますが、このミノキシジルは発毛効果が厚生労働省に認められていますので安心して使用することができるでしょう。

結局はホルモンに作用する薬が効果的

薄毛で悩まされている人の中にはAGAで悩んでいる人もいるでしょう。

AGAは生え際や頭頂部から薄くなってきますので目立ちやすいですし隠しにくくて厄介なものです。

ですので、改善しようとする人が多くいますが、AGAの原因となる男性ホルモンに作用する薬が効果的とされています。

AGAは男性ホルモンのテストステロンが5aリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変換されることによって抜け毛の原因となってしまいます。

このジヒドロテストステロンがヘアサイクルを乱し、成長期を短くして退行期や休止期を長くして抜け毛を増やしてしまいます。

また、5aリダクターゼは単体でジヒドロテストステロンを生み出すことはなく、テストステロンと結合することによって変化します。

だから、男性ホルモンのテストステロンに作用する薬が効果的と言えるのです。

このようにAGAはホルモンに作用する薬が効果的とされていますが、原因となるのは男性ホルモンだけではなくストレスや生活習慣なども深く関わってきますので気を付けておかなければいけません。

本当に髪が生えるサプリはある?

サプリ

髪と頭皮に良い栄養が凝縮された育毛サプリ ボストン
ボストンは、髪と頭皮に良い栄養・成分を一粒にギュっと凝縮している育毛サプリです。

ノコギリヤシや亜鉛といったAGA対策成分を豊富に配合しているのが特徴です。
薄毛に悩む男性の80%以上が発症していると言われるAGAの改善にも効果が期待できるとされています。

また、ミレットエキスやヒハツエキス、フィーバーフューなどの抜け毛予防成分が抜け毛を抑えてくれます。
シャンプーのたびに、指に絡まった抜け毛をみると、大丈夫かなと心配になりますよね

そんな心配をしなくて済むようになるのは、育毛サプリであるボストンがAGA対策や抜け毛予防成分が豊富に配合しているからなのです。

さらに、普段の食事では不足しがちなタンパク質やビタミン群、そして亜鉛やミネラルなど髪の育毛に必要な栄養をこのサプリ1つで補給できるのです。

育毛の為にプロテインを飲んでいる人も少なくないと思いますが、この育毛サプリがあればプロテインなど飲まずに済みますね。

プロテインとボストンを比較した場合、ボストンの方が断然栄養価が高いです。(タンパク質だけはプロテインに負けますが…)

食事が偏っているかもしれないと感じる場合は、ボストンのような育毛サプリを飲むことで、栄養不足にならないよう補給することができます。

ボストンは、まとめ買いや定期コースによる割引も充実しています。
予算に合わせて選べるのも良いですよ。

 

亜鉛で髪が生えると言われる理由

亜鉛サプリを飲めば髪が生えてくる」と思い込んでいる方も少なくないでしょう。

確かに亜鉛は、髪の成長に必須の栄養です。
亜鉛が不足していたら健康な髪は生えてこないことからもわかります。

しかし、亜鉛だけを一生懸命とっても髪は生えてこないのです。
それは、亜鉛サプリだけを飲み続けても抜け毛は減りませんし、髪が元気になることもないということです。

大切なのはバランスと総合力です。
バランス良く対処しないと、生え際や頭頂部に元気な髪を生やすことはできません。
さらには、抜け毛や薄毛を予防することもできないのです。
亜鉛サプリを飲んでも薄毛が改善しない理由は、数ある薄毛原因の中でもほんの少しの部分しか改善できないからです。

亜鉛サプリを飲んで得られる効果を以下に示します。
髪の元になる栄養補給
AGA(男性型脱毛症)の改善
亜鉛サプリを飲むことで得られる主な効果・効能は上記2つだけです。
これだけでもすごいと思いますが…

一方、薄毛を招く主な原因は以下になります。
血行不良
髪の元になる栄養不足
頭皮環境の悪化
睡眠不足
AGA(男性型脱毛症)

こうして比較すると、亜鉛サプリを飲んで得られるたった2つの効果だけでは抜け毛や薄毛が改善できないのも当然といえるでしょう。

髪の元になる栄養は亜鉛の他にも、タンパク質、ビタミンA.B群.C.D.E、ミネラルなどが必要です。

亜鉛だけでは髪の栄養すら全然足りないことになりますね。
AGAの改善に関しても、亜鉛サプリを飲んでAGAを改善できるのでしたら副作用が強烈なAGA治療薬も必要ありません。

さらに、育毛剤や育毛サプリも必要ないですからね。

 

亜鉛で髪が抜ける人も!

インターネットの掲示板等で亜鉛のサプリメントを服用することで逆に抜け毛が増えた…というのがあります。

実際にそういうことがあるのでしょうか。
「亜鉛を多く摂取すると、銅の吸収を阻害し、時には銅欠乏症やそれに関連した貧血を生じることがある[79,80]。このため、AREDS研究[72]に使用されている製剤のように、多量の亜鉛を含むサプリメント製剤には、銅が含まれることがある。」(厚生労働省 統合医療」情報発信サイトより引用)

これを簡単に解釈すると…

亜鉛を過剰摂取してしまうと、銅が足りなくなってしまうということです。
銅が足りなくなってしまうと、どういったことが起こるのかというと、薄毛が進行していくということになります。

亜鉛を過剰に摂取する→銅が足りなくなる→脱毛症状へと至る
この流れで脱毛が起こっているのです。

 

食生活と薄毛の関係

薄毛の原因は血行不良と過剰な皮脂によるものです
まず、薄毛の原因となる2つのポイントを押さえておきましょう。

頭皮の血流が悪くなり頭皮環境が悪化
皮脂が毛穴につまり栄養が行きとどかない
薄毛は、この2つが大きな原因となります。

食生活で改善
薄毛につながる食べ物には、油っこいものがあげられます。
油が多い食べ物は、皮脂の分泌が多くなるので、毛穴がつまる原因となるのです。

さらに、油が多い食べ物には、高カロリーなメニューが多くなります。
それが肥満の原因にもつながります。
肥満は頭皮の血流を悪くするので、頭皮環境が悪化し、さらに薄毛につながってしまうのです。

また、野菜を食べないなど偏った食事も、髪に必要な栄養を補給できないので、薄毛につながることになります。

 

健康な髪と頭皮に必要な成分

カキ

薄毛を予防するのに効果的な食べ物を見ていきましょう。

薄毛を予防するには、次の3種類の栄養が大切です。

・タンパク質
・ビタミン
・ミネラル

タンパク質は、髪の毛の成長に最も重要な栄養素となっています。
おもな食品には、肉や魚、卵・大豆、乳製品などがあげられます。

これらの中でも、植物性タンパク質と呼ばれる豆や大豆は、髪の毛の成長に特によいとされるおすすめ食品となっています。
薄毛予防のために、まずタンパク質から摂取するようにしたいものです。

ビタミンも薄毛を予防する大切な栄養素のひとつです。
ビタミンは、血行を促進する作用があるため、頭皮の血流をよくする効果が期待できます。

ビタミンAが多い緑黄色野菜や、頭皮の新陳代謝を促す働きもあるビタミンBは、豚肉やレバー、さらには大豆などに含まれています。
毎日の食生活で、これらの食材をバランスよく摂取するように工夫してみましょう。

薄毛予防に効果的なのがミネラルです。
なかでも亜鉛は、髪をつくる際に必要となってくる重要な栄養素です。
おもな食品として、レバーやカキ、魚介類などに多く含まれています。

亜鉛は普段の食生活のなかでも不足しがちな栄養素なだけに、意識して摂取するよう心掛けるようにしましょう。

タンパク質、ビタミン、ミネラルは普通の食生活を送っていると問題なく摂取できる栄養素です。

それでも、加齢とともに摂取量が減少してくる栄養素でもあるので、薄毛が気になる年代になったら、意識して積極的に摂取するようにしたいものです。

信じる者は救われる?髪が生えると噂のものとは

よく性欲や体毛が濃いとハゲやすいと言われています。
これは男性ホルモンが多い=ハゲやすいという間違った認識からきているのです。
男性ホルモンの量に個人差はほとんどありません。

ですので、男性ホルモンの一種テストステロンが、薄毛の原因となるホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化しやすい体質の人が薄毛になりやすいというのが正しいところなのです。

遺伝に関しても、直接薄毛が遺伝するのではありません。
上述したように、ジヒドロテストステロンができやすい体質が何割かの確率で遺伝するのです。
ですので、頭皮ケアをしっかりしていれば薄毛は予防できるのです。

育毛ケアの噂にも嘘と本当がある

よく言われるのが「頭を叩くと髪が生える」はというものです。
これは、頭皮を傷める危険があるのでおすすめの方法ではありません。

逆に「帽子はハゲやすい」と言われていますが、帽子は正しくかぶれば頭皮を紫外線や乾燥から守ってくれるアイテムなのです。

何が嘘で何が本当かを見極めることが大切
友人から「○○が良いよ」と育毛の噂を聞くこともあるでしょう。

今はネットである程度の情報は自分で調べることができます。
実際に体験した人の口コミなども参考になるでしょう。

それでも自分で実際に体験してみることが大事なのは言うまでもありません。

頭皮を叩くと髪が生えるはウソとは言えない?

誰でも一度は聞いたことがあるのが「頭皮を叩いて刺激を与えれば生える」というものです。

元となったのは今から30年ほど前に発売された育毛剤とブラシのセットが原因とされています。

なんとなく「叩いて刺激を与えれば生える」というイメージが育毛剤には付きものです。

しかし、その真相はどうなのでしょうか。

叩くことで細胞に刺激を与えられるのは本当
頭皮をブラシなどでトントンと叩くことは、頭皮や毛を作っている細胞に刺激を与えることができます。

頭皮の血行を促進できるというのは本当なのです。
実際に育毛の治療でも、頭皮にわずかな傷を付けて髪が生えるのを促すという方法が存在します。

しかし、素人がやみくもに頭皮をブラシなどで頭皮を刺激してしまうと、頭皮を痛めてしまう可能性があります。
ですから、積極的におすすめできるケア方法ではありません。

叩くのみで髪が生えるのは嘘

頭を叩くだけで髪が生えるの?と言われれば答えはNOです。
ブラシで叩けば確かに刺激を与えられます。

もしかしたらそれでも効果があるのでは?と思う人もいるかもしれません。
しかし、多くの人は頭皮を叩くだけで育毛効果は期待できないでしょう。

頭皮を叩くよりも育毛剤+マッサージが有効

頭皮を叩くのと同じ効果が、頭皮マッサージで得ることができます。
育毛剤を付けた後にまんべんなく液体が頭皮に行きわたるように優しく頭皮をマッサージするとよいでしょう。

そうすることで、血行が促進されて育毛剤の成分がしっかり髪や毛根に行き渡ります。

頭皮をマッサージすることで、頭皮を柔らかくして目の疲れや肩こりの緩和にもつながるので一石二鳥ですよ。

髪が生えると噂の食べ物

ハゲには海藻が良い」という噂はかなり前からあります。
最近では「海藻を食べても育毛効果はない」という意見も出てどっちが正解?と思ってしまいます。
実はこれ、どちらの意見も半分は正しいのです。

海藻に含まれるミネラルが健康な髪を育ててくれる
ワカメなどの海藻には豊富なミネラルが含まれています。

その中でも亜鉛はタンパク質の生成を促してくれる重要な成分です。
髪はタンパク質からできているので、亜鉛を積極的に摂取することでコシとハリ、ツヤのある元気な髪を育ててくれます。

このことから、海藻は髪に良いと言われるようになったのです。
さらに、亜鉛は頭皮を含めた皮膚、髪、骨などの常に新陳代謝(細胞の生まれ変わり)を繰り返している細胞に働きかけてくれます。

男性型脱毛症は毛周期の遅れが原因で薄毛、抜け毛が目立つようになると言われていて、海藻を食べることで薄毛や抜け毛の予防ができ、さらにボリュームのある髪を維持できるのです。

海藻に新しい髪を生やす効果はない
一方で、海藻には新しい髪を生やしてくれる効果はありません。
海藻を食べると髪がふさふさになる効果はないとされています。

元気な髪を維持するために海藻はおすすめの食材

海藻に発毛効果はありませんが、今ある髪を守ったり元気にする、薄毛や抜け毛を予防するためにはぴったりの食材です。日本はミネラル分の少ない土壌なので、意識的にミネラルを摂取しないと常に不足する状態だそうです。

サプリメントで補うのも良いですが、やはり普段の食生活からミネラルを摂取するのが一番理想的です。

亜鉛をはじめとしたミネラルをたっぷり含む食材は他にもありますが、海藻は低カロリーで手軽に食べられるところが魅力的な食材なのです。

AGA治療で髪が増えた芸能人

芸能活動を休養したこともある岡村隆史
岡村さんは相当のストレスもあって薄毛になったようです。

しかしながら、専門医によるAGA治療によって現在では薄毛が目立たないくらいになったそうです。
地肌が見えるくらいだったのですが、少しずつ改善に向かっているようです。

また、フットボールアワーの岩尾さんは、昔はおじぎをすると地肌が見えるほどでした。
現在でも薄毛には違いないのですが、お辞儀をしても地肌が見えるというわけではなくなったようです。

リアップで効果が出た人も多い

リアップX5長期投与試験で、被験者の発毛に対する効果をグラフ化したものがあります。

リアップX5を1日2回使用して4週間ごとに被験者自身が自分自身の毛髪の状態を「非常に良くなった」「良くなった」「少し良くなった」「変わらなかった」「悪くなった」の 5段階で評価しているのです。

これによると「少し良くなった」までを含めると、使用12週間後で4割以上の方が発毛効果を実感していて、 使用52週終了時では9割以上の方が発毛効果を実感していることがわかっています。

効果が実感できるから続けられる。そして続けられるから効果が実感できる。 あなたの髪でも「良くなった」を目指してみましょう。
リアップ使用開始4~24週間後まで4週ごとに、開始時と同一部位における毛髪数の変化を確認します。

そして、その増減数を示すことで効果を図ります。
4週間後では1.4本だった増加数が、8週間後では19.0本となり、さらに24週終了時では開始時から21.8本増加している人もいるようです。
リアップには、このように確かな数字があります。

それはリアップには発毛効果があるという証でもあるのです。
測定面積あたりで21.8本の髪の毛が生えるということは、全体だとずいぶん多くの毛が増えていることになりますね。

 

自宅でヘッドスパ!頭皮マッサージの効果

頭皮マッサージを行うことによる効果を紹介します。

・抜け毛や薄毛の予防
・白髪予防
・健康で綺麗な髪を作る
・リフレッシュ効果
・胃腸の働きを整える
・アンチエイジング

頭皮マッサージはアンチエイジング効果も
頭皮のコリをほぐすことによって、血行が促進されて、顔のむくみやくすみが解消されル効果があります。

また、頭皮の筋肉は顔の筋肉と繋がっているので、頭皮が硬いと、顔の筋肉を支えることが難しくなってしまうことから、顔の筋肉が重力に負けて垂れ下がってしまい、それがたるみの原因になってしまうのです。

しかし、頭皮マッサージを行うことによって、頭皮の筋肉が弾力を取り戻し、顔の皮膚をひっぱりあげることが出来ます。

たるみを解消するために、フェイスマッサージやたるみに効く美容液を使って試行錯誤している人も多いでしょう。

しかし、残念ながら加齢と共に頭皮の筋力も弱くなってしまいます。
そのため、顔と同様に頭皮もしっかりマッサージをすることが大切なのです。

両手の指の腹で生え際から後頭部にかけてゆっくり揉んでいきます。
次に指を軽く曲げて、弾みをつけてトントンと頭を軽く叩きましょう。

そして最後に、頭の頂上に位置する、百会というツボを指圧します。
1日5分程度が目安です。

どのような人におすすめ?

頭皮マッサージは薄毛に悩んでいる人に効果ありです。

頭皮のマッサージをする意味が3つあります。

1、頭皮の血流を高めます。それによって髪の栄養が毛根まで到達する事で育毛効果が高まって薄毛改善になるのです。

2、頭皮のリンパの流れを改善します。リンパは頭皮の毒素や細胞にたまったいらなくなったものを排出する働きがあります。

3 、刺激を与える事で頭皮の代謝を促します。年齢と共に、細胞の働きが弱まってきますが、頭皮マッサージやヘッドマッサージのような適度なマッサージで細胞に刺激を与える事で、毛根の衰えを抑え健康的な髪を成長させる手助けになるのです。

頭皮マッサージやヘッドスパ、さらにはヘッドマッサージを行う目的
紫外線、老化、血流不足、動脈硬化、ストレスが原因で髪が細くなることがあります。
これらのことが原因で抜け毛が増えている人にとても効果的なのです。

ヘッドスパとは?

ヘッドスパ

ヘッドスパ」は、頭部のマッサージの一つであり、美容室や専門店で行っているマッサージ法です。

専用のクリームやトリートメントを使用することによって頭皮をマッサージするものですが、頭皮だけではなくリラックス効果もあるので人気が高くなっています。現在は家庭でも取り入れられています。

最初のころは、念入りな頭皮洗浄を中心に行われていましたが、現在では頭皮マッサージが中心となっています。

また、マッサージ方法を紹介する書籍なども多く登場していて、自宅でも簡単にヘッドスパができるようになってきたのです。

マッサージにかかる時間は様々ですが、30分~1時間ほどのコースが多く、ヘッドスパ終了したあとは非常にすっきりした状態になりストレス解消につながっていると好評です。

ヘッドスパには、様々な種類が存在しています。
代表的なのは、オイルを使用したヘッドスパです。これは最も主流なヘッドスパで、美容室や専門店で行われています。

これが、家庭のヘッドスパとは違った部分で特色を出していると言えますね。
時間をかけて行うマッサージが非常に特徴的です。

長いと一時間ほどはマッサージを行うので、体をリラックスさせるという意味では非常に効果があるのです。

また、高い機能を持ったオイルが取り入れられていて、様々な効果が期待できます。

薄毛予防に効果

頭皮の悩みに対する効果
ヘッドスパの効果は多岐に及んでいますが、ヘッドスパは、マッサージをしながら、ツボやリンパを刺激することで血の巡りを良くします。

そうすることでオイルやエッセンスなどの栄養が毛根に届きやすくなるのです。
頭皮環境が正常化すると、抜け毛・薄毛・白髪などに効果が現われてきます。

更に、マッサージによって顔のリフトアップが期待できます。
これは、頭と顔の皮膚が繋がっているため、頭皮がキュッと引き締まることで顔もリフトアップできる仕組みです。

毛髪への効果
また毛髪自体を綺麗にする効果もあります。

これはどういうことかというと、専用のトリートメントやオイルを使用することで、健康な髪の毛を取り戻すことができるのです。カラーリングやヘアアイロンの使用、さらには紫外線や海水によってダメージを受けた髪の毛であっても、何工程ものケアを施すので、健康的な毛髪に戻す事ができます。

また、頭皮環境を正常に保つ働きがあるので新しく生えてくる髪が美しくなるという効果も期待できます。

マッサージの際はヒーリングの音楽がかけるといいでしょう。さらにアロマオイルを炊くとリラックスできます。

効果的な使い方

ヘッドスパの主な効果ですが、頭皮環境の正常化にあります
専用のオイルやクレンジング剤を使用して毛穴の詰まりや汚れを除去します。

さらに、マッサージで頭皮のコリをほぐして血行を促進することで、頭皮環境を正常な状態に整えるのです。

これらによって、髪全体に栄養が行き届くようになります。
そうしたことで、薄毛や抜け毛を防止し、発毛を促進することができるのです。

薄毛や抜け毛の主な原因となっているは、遺伝も大きいのですが、ストレスや偏った食生活、さらには頭皮環境の悪化と言われています。

頭皮環境を改善することでヘアサイクルが整ってきますので、髪が太く長く成長するようになるのです。

頭皮悩みへの効果
頭皮は老廃物やワックスなどの汚れが付いていると、通常のシャンプーでは全て取り除くことはできません。老廃物は時間がたつと酸化しニオイや痒み・フケの原因になります。
ヘッドスパでは、オイルやクレンジング剤を使って、そして炭酸水やマッサージを加えることで普段では落とせないような毛穴の中の汚れまで取り除くことができるのです。
これによって、頭皮のベタつき・フケ・かゆみ・ニオイなどの頭皮悩みを改善することができます。

毛髪への効果
ヘッドスパをすることで、頭皮を清潔で健全な状態にすることができます。
また、髪にエッセンスやクリームを塗布することでダメージが蓄積された髪も美しい状態になるのでツヤも生まれます。

自宅でもこれだけのことができるということですね。