汗をかきやすい人は薄毛になりやすいのは本当?

「汗っかきの人は剥げる」という、汗と抜け毛・薄毛との直接的な関連はないそうです。

しかし、汗に影響されて頭皮が不衛生になるなどの間接的な影響は十分に考えられます。

汗をかきやすいと言われる肥満タイプの人は健康面の影響を見つめ直す必要もあるでしょう。

薄毛の直接原因は、遺伝要素です。

強い男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)が増え、同時に頭皮の汚れで頭皮環境の悪化も作用して抜け毛が増えるのです。

頭皮の汚れの一因として汗があることは事実です。

このことから、体質や生活習慣も関わる「汗の質」を考えてみる必要があるでしょう。

綺麗な汗なら頭皮悪化の影響は少ない

健全な頭皮は青白くなっています。」

弱酸性の皮脂の膜で覆われることで頭皮全体の保湿力を維持しているのです。

健康な体から出る汗は水分がほとんど(99%)で匂いもありません。

しかし、ろ過が十分行われず余分な成分を含む汗となる場合があります。

そのときは、ネバネバした汗が出て汚れた皮脂と混ざるのです。

そうすると、頭皮表面がアルカリ性に傾いて、雑菌が繁殖するのです。

このことから、頭皮を清潔に保ったうえで、水分99%の健康な汗でしたら、抜け毛が増える悪い影響にはつながらないということになります。

「汗が多いと抜け毛が増える」といった関連性は、「頭皮環境の悪化」と「体質や体の機能の低下」につながる場合と考えていいでしょう。

言い汗と悪い汗

汗

汗にはいい汗と悪い汗があるそうです。

水分99%のいい汗は頭皮環境悪化にもつながりにくいとされています。

一方で、余分な成分が混じるネバネバした汗は出てくる量も多くなります。

そして、毛細血管の血液の流れも悪くするといった悪影響が見られるのです。

つまり、大量の汗によって抜け毛が増えるという現象が起こるということですね。

有酸素運動で汗腺の働きを鍛える

普段出る汗は水分が99%ですから、余分な成分がなければ無臭だということです。

しかし、ベタついた汗が出ることで、皮膚(頭皮)の皮脂や汚れと混ざってしまって雑菌が発生します。

そのことから臭いが生まれるのです。

ネバネバした汗の原因となるのは、汗腺の働きが弱まって血漿成分を血液中に戻すろ過機能が働かなくなるからです。

良い汗につなげる方法として、筋トレや有酸素運動を日頃から行うことで、汗腺の働きを鍛えておくとよいでしょう。

汗っかきは頭皮の毛穴の詰まりに注意!

薄毛の原因はベタベタな汗

汗をかく男性は剥げになりやすいとされています。

結論としては、「嘘とは言えない」噂といっていいでしょう。

汗をかく人は、薄毛やM字剥げの進行を早める可能性が十分に考えられからです。

いくつか薄毛の原因はあるのですが、その一つに「毛穴が詰まる」ことも理由となっています。

毛穴が詰まる仕組みは、正常値を超えた過剰な量の皮脂が分泌されたときです。

多少の皮脂は頭皮を保護するために必要です。

しかし、大量に皮脂が分泌されてしまうと汚れや菌が住み着いてしまって頭皮や毛根に悪影響を与えるのです。

その結果、髪の成長を妨げてしまい、毛母(髪を生成する組織)の働きが悪くなります。

そうなることで薄毛やM字はげを引き起こしてしまうのです。

汗には2つのタイプがあります。

「汗線から分泌される汗」と「皮脂腺から分泌される汗」です。

汗は体内の老廃物を体外に排出する大切な役割があります。

正常に汗をかくことは体の機能を整えるうえで重要なのですね。

老廃物を体外に排出する際、汗線から分泌される汗がその役目を果たします。

問題となるは、皮脂腺から分泌される汗です。

皮脂腺から分泌される汗は毛穴だけを開いて、老廃物を外に出さないという厄介な性質があるのです。

老廃物が毛穴や毛根に蓄積されてしまうので、当然悪い影響を及ぼしてしまうのです。

大事なポイントは、どちらの汗が発生しても、それを区別することなく、「汗をかいたら頭皮を清潔な状態にする」のが正しいケアとなるのです。

リアップx5プラスの通販最安値の最新情報を見る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください