最近は女性用育毛剤の効果もすごい!

抜け毛・薄毛で悩むのは男性が多いイメージがあるかもしれませんが、実は女性でも髪の毛の症状に悩んでいる人は多いです。

そのため、最近は女性用育毛剤も数多く販売されており、使いやすさや効果にこだわった商品も多いです。
男性用育毛剤には、発毛・育毛に直接的に働き掛ける有効成分が中心に配合されていることが多いですが、効果が高い有効成分は頭皮への刺激も強いことがあります。

女性の頭皮はデリケートなので、男性用育毛剤と同じ配合では刺激が強すぎるなどの理由で、その他の成分のほうを重視した配合になっている商品も多いです。
例えば、血行促進効果のあるセンブリエキスや、頭皮環境を整えるグリチルリチン酸2Kなどです。

女性が選ぶべき育毛剤はこちらです!→おすすめ女性用育毛剤

頭皮を健康な状態へと導いていける成分が配合されていながらも、頭皮に強い刺激を与えてしまう心配が少ないので、安心してケアを続けやすいです。
体への影響が少ない女性用育毛剤は、「医薬部外品」に登録されていることが多く、スキンケア用品やオーラル用品などと同じ感覚で使用できます。

他にも、香料・着色料を使わず無添加にこだわって作られていたり、一部の成分をナノ化して頭皮に吸収されやすくしているなど、女性用育毛剤ならではの特徴ある商品が多いです。

女性の薄毛の特徴

女性の薄毛は、男性の薄毛とは症状の出方も原因も違います。
男性の薄毛は、生え際や頭頂部などから髪の毛が抜け落ちていき、最終的にはハゲた状態になってしまうことが多いです。

それに比べて女性の薄毛は、頭部全体の髪の毛のボリュームが少しずつ減っていき、部分的にハゲてしまうということはあまりありません。
薄毛を発症する原因も、遺伝的なものが原因であることは少なく、日常的なストレスや加齢によってホルモンバランスが変化することで、抜け毛・薄毛になってしまう女性が多いです。

そのため、ホルモンバランスを整えるように気を付けたり、女性ホルモンの増減で頭皮環境が悪化しないよう念入りなケアをしていくことで、男性の薄毛よりも予防・改善しやすい場合が多いです。

育毛剤で頭皮環境の改善を促しながら、生活習慣を見直してホルモンバランスを整えるよう意識するだけでも、健康な髪の毛を維持していけるかもしれません。
また、女性は妊娠・出産を経験することで、一時的に薄毛になることもあります。
突然髪の毛が抜け始めて驚くかもしれませんが、ほとんどの場合は、出産を終えてホルモンバランスが整うにつれて抜け毛も治まっていきます。

なぜ男性よりも改善しやすいのか?

女性の薄毛が男性よりも改善しやすい理由は、薄毛を発症する原因にあります。
男性の場合、男性ホルモンが抜け毛を進行させてしまうホルモンに変異することで、健康な髪の毛が減ってしまうことが多いです。

このホルモンの変異は、親から遺伝した体質的なものによる場合が多く、意識して予防することが難しい人もいます。
しかし、女性の場合は遺伝による体質的なことが原因で薄毛になる人はほとんどおらず、何らかの理由で女性ホルモンのバランスが乱れ、頭皮環境が悪化することで薄毛になります。

そのため、女性ホルモンの量が急激に変化しないよう普段から気を付けたり、頭皮環境が悪化しすぎないようケアを続けていくことで、男性よりも比較的薄毛を予防・改善しやすいと言われています。
女性ホルモンが変動してしまう理由としては、日常的に感じるストレスや生活習慣の乱れによるストレス、加齢、妊娠・出産などがあります。

ストレスを溜め込みすぎないよう心掛け、頭皮を常に清潔で潤った状態に保つことで、髪の毛のボリュームを取り戻していける可能性が高いです。
妊娠・出産による薄毛の場合は、男性の薄毛のように髪の毛が一気に抜けてしまうこともあるので、育毛剤や育毛シャンプーを使って効果的なケアをしている人も多いようです。

女性用育毛剤の特徴

妊婦

女性用育毛剤の大きな特徴は、“体への影響が少ない”ことにこだわって作られている商品が多いことです。
髪の毛を育てていくために必要な成分は配合されているものの、頭皮に強い刺激を与える成分は極力配合しないよう注意して作られている育毛剤が多いので、女性のデリケートな頭皮にも安心して使用できます。

敏感肌・妊娠中・授乳中の女性でも使用できるように、香料・着色料などを使わず無添加で作られている育毛剤もあるので、肌の弱い男性が使用しても良いかもしれません。
女性の薄毛を発症する原因のひとつである頭皮環境を改善するために、血行促進効果のある成分や、保湿効果のある成分を中心に配合している育毛剤が多いです。

商品によっては、天然植物由来の成分や美容成分がプラスで配合されているものもあり、頭皮環境を整えながら美髪ケアに効果を期待できます。
トリートメント効果が備わっているものもあり、綺麗な髪の毛を維持していきたい女性にとっては嬉しいですね。

また、女性の使いやすさを考えて、香りがあまりしない女性用育毛剤が多いです。
毎日使用しても家族に気付かれない、外出前に使用しても嫌なにおいがしない、香水のにおいと混ざらない、など周囲の視線を気にせず使える配慮がされています。

リアップの飲み薬の効果 ミノキシジル内服薬は取扱い注意

ミノキシジルタブレットは肝臓に影響する

ミノキシジルは血管を拡張する作用があります。

このことから、血圧に問題をかかえる人や心臓が弱い人は服用に注意する必要があるでしょう。

実際にそのことは、よく知られています。

しかし、それだけでありません。

実は肝臓に大きな影響を及ぼすのです。

肝臓の働きは、摂取された食べ物やアルコール成分、薬の成分、そして体にとって不要なものを分解するところです。

内臓の中では、とても重要な臓器といってもいいでしょう。

ですから人間が知らずに毒気のあるものを食べても、ある程度肝臓が解毒してくれるのです。

ミノキシジル 副作用

得体の知れない成分の毒を抜き、代謝をしてエネルギーを蓄え、そして不要物を排出してくれるのですから、肝臓はとても忙しい臓器と言えます。

ですから、副作用の強いミノキシジルを、長期にわたって服用するということは、肝臓にそれだけ負担を強いることになるのです。

ですから、ミノキシジルの服用で、肝臓に無理をさせてしまっているということになるのです。

アルコール&ミノキシジルは危険

薬品もそうですが、同じく肝臓に負担をかけてしまうのがアルコールです。

よく「休肝日」という言葉を聞きます。

お酒を飲む人が肝臓をいたわり「お酒を飲まない日」のことを指して言う言葉です。

ですから、肝臓にはお休みを与えてあげないといけないということですね。

ミノキシジル内服薬は全身が毛深くなる!

薄毛治療を調べているとよく出てくるミノキシジル内服薬です。

ミノキシジルを服用すると体毛が濃くなるというのです。

「薄毛が解消されて、頭髪が濃くなるのは嬉しいけれど…他の部分の体毛が濃くなるのはちょっと困る…」

「薄毛の薬なのに、体毛が濃くなるのはなぜ?」

といった人も多いでしょう。

結論として、ミノキシジル内服薬を服用すると体毛が濃くなることがあるそうです。

なぜなら、ミノキシジルの副作用には体毛が濃くなる、多毛が認められていると書かれているからです。

そもそも、主成分であるミノキシジルは、もともと高血圧用の医薬品です。

ミノキシジルが発毛薬として利用されるようになったのは、ミノキシジルの副作用の多毛があったのです。

ミノキシジルの働きは、血行を促進し髪の毛を作り出す毛乳頭に栄養を与え、そこから発毛を促すことです。

ミノキシジルを服用すると、血管を通って身体中を駆け巡るのです。

すると、頭皮だけではなく、全身の毛乳頭にも栄養が行き届くのですから、頭髪以外の体毛も濃くなるということですね。

つまり、体毛が濃くなるということは、ミノキシジルの効果の現れなのです。

塗り薬タイプが使いやすく副作用も限定的

リアップ×5やロゲインの主成分はミノキシジルです。

これは、厚労省が認めている発毛成分であり、発毛効果が十分に期待できる成分なのです。

ミノキシジルは高血圧の治療薬として使用されてきましたが、多毛症の副作用が相次いだことから、発毛効果があることがわかし、発毛剤として今日のように活用されるようになったのです。

その後の研究で、ミノキシジルの血管拡張効果によって、頭皮の毛細血管も拡張させることがわかったのです。

これによって、髪の生成に必要な栄養素が毛包や毛母細胞にしっかり行き渡るようになりました。

ミノキシジルの作用によって、栄養がしっかり行き渡った毛包や毛母細胞からは太くて丈夫な髪が生えてくるようになるのです。

ミノキシジルにはリアップ×5やロゲインのような塗り薬タイプと内服するタイプがあります。

内服タイプのほうが効果が大きいとされているのですが、内臓への負担も大きく、副作用が心配されます。

内服タイプは全身に作用してしまうので、多毛という副作用も大きく、それが懸念材料となっているのです。

ですから、効果が薄くても持続することを考えたら塗り薬タイプのほうがおすすめとなるのです。