本当に髪が生えるサプリはある?

髪と頭皮に良い栄養が凝縮された育毛サプリ ボストン
ボストンは、髪と頭皮に良い栄養・成分を一粒にギュっと凝縮している育毛サプリです。

ノコギリヤシや亜鉛といったAGA対策成分を豊富に配合しているのが特徴です。
薄毛に悩む男性の80%以上が発症していると言われるAGAの改善にも効果が期待できるとされています。

また、ミレットエキスやヒハツエキス、フィーバーフューなどの抜け毛予防成分が抜け毛を抑えてくれます。
シャンプーのたびに、指に絡まった抜け毛をみると、大丈夫かなと心配になりますよね

そんな心配をしなくて済むようになるのは、育毛サプリであるボストンがAGA対策や抜け毛予防成分が豊富に配合しているからなのです。

さらに、普段の食事では不足しがちなタンパク質やビタミン群、そして亜鉛やミネラルなど髪の育毛に必要な栄養をこのサプリ1つで補給できるのです。

育毛の為にプロテインを飲んでいる人も少なくないと思いますが、この育毛サプリがあればプロテインなど飲まずに済みますね。

プロテインとボストンを比較した場合、ボストンの方が断然栄養価が高いです。(タンパク質だけはプロテインに負けますが…)

食事が偏っているかもしれないと感じる場合は、ボストンのような育毛サプリを飲むことで、栄養不足にならないよう補給することができます。

ボストンは、まとめ買いや定期コースによる割引も充実しています。
予算に合わせて選べるのも良いですよ。

 

亜鉛で髪が生えると言われる理由

亜鉛サプリを飲めば髪が生えてくる」と思い込んでいる方も少なくないでしょう。

確かに亜鉛は、髪の成長に必須の栄養です。
亜鉛が不足していたら健康な髪は生えてこないことからもわかります。

しかし、亜鉛だけを一生懸命とっても髪は生えてこないのです。
それは、亜鉛サプリだけを飲み続けても抜け毛は減りませんし、髪が元気になることもないということです。

大切なのはバランスと総合力です。
バランス良く対処しないと、生え際や頭頂部に元気な髪を生やすことはできません。
さらには、抜け毛や薄毛を予防することもできないのです。
亜鉛サプリを飲んでも薄毛が改善しない理由は、数ある薄毛原因の中でもほんの少しの部分しか改善できないからです。

亜鉛サプリを飲んで得られる効果を以下に示します。
髪の元になる栄養補給
AGA(男性型脱毛症)の改善
亜鉛サプリを飲むことで得られる主な効果・効能は上記2つだけです。
これだけでもすごいと思いますが…

一方、薄毛を招く主な原因は以下になります。
血行不良
髪の元になる栄養不足
頭皮環境の悪化
睡眠不足
AGA(男性型脱毛症)

こうして比較すると、亜鉛サプリを飲んで得られるたった2つの効果だけでは抜け毛や薄毛が改善できないのも当然といえるでしょう。

髪の元になる栄養は亜鉛の他にも、タンパク質、ビタミンA.B群.C.D.E、ミネラルなどが必要です。

亜鉛だけでは髪の栄養すら全然足りないことになりますね。
AGAの改善に関しても、亜鉛サプリを飲んでAGAを改善できるのでしたら副作用が強烈なAGA治療薬も必要ありません。

さらに、育毛剤や育毛サプリも必要ないですからね。

 

亜鉛で髪が抜ける人も!

インターネットの掲示板等で亜鉛のサプリメントを服用することで逆に抜け毛が増えた…というのがあります。

実際にそういうことがあるのでしょうか。
「亜鉛を多く摂取すると、銅の吸収を阻害し、時には銅欠乏症やそれに関連した貧血を生じることがある[79,80]。このため、AREDS研究[72]に使用されている製剤のように、多量の亜鉛を含むサプリメント製剤には、銅が含まれることがある。」(厚生労働省 統合医療」情報発信サイトより引用)

これを簡単に解釈すると…

亜鉛を過剰摂取してしまうと、銅が足りなくなってしまうということです。
銅が足りなくなってしまうと、どういったことが起こるのかというと、薄毛が進行していくということになります。

亜鉛を過剰に摂取する→銅が足りなくなる→脱毛症状へと至る
この流れで脱毛が起こっているのです。

 

食生活と薄毛の関係

薄毛の原因は血行不良と過剰な皮脂によるものです
まず、薄毛の原因となる2つのポイントを押さえておきましょう。

頭皮の血流が悪くなり頭皮環境が悪化
皮脂が毛穴につまり栄養が行きとどかない
薄毛は、この2つが大きな原因となります。

食生活で改善
薄毛につながる食べ物には、油っこいものがあげられます。
油が多い食べ物は、皮脂の分泌が多くなるので、毛穴がつまる原因となるのです。

さらに、油が多い食べ物には、高カロリーなメニューが多くなります。
それが肥満の原因にもつながります。
肥満は頭皮の血流を悪くするので、頭皮環境が悪化し、さらに薄毛につながってしまうのです。

また、野菜を食べないなど偏った食事も、髪に必要な栄養を補給できないので、薄毛につながることになります。

 

健康な髪と頭皮に必要な成分

カキ

薄毛を予防するのに効果的な食べ物を見ていきましょう。

薄毛を予防するには、次の3種類の栄養が大切です。

・タンパク質
・ビタミン
・ミネラル

タンパク質は、髪の毛の成長に最も重要な栄養素となっています。
おもな食品には、肉や魚、卵・大豆、乳製品などがあげられます。

これらの中でも、植物性タンパク質と呼ばれる豆や大豆は、髪の毛の成長に特によいとされるおすすめ食品となっています。
薄毛予防のために、まずタンパク質から摂取するようにしたいものです。

ビタミンも薄毛を予防する大切な栄養素のひとつです。
ビタミンは、血行を促進する作用があるため、頭皮の血流をよくする効果が期待できます。

ビタミンAが多い緑黄色野菜や、頭皮の新陳代謝を促す働きもあるビタミンBは、豚肉やレバー、さらには大豆などに含まれています。
毎日の食生活で、これらの食材をバランスよく摂取するように工夫してみましょう。

薄毛予防に効果的なのがミネラルです。
なかでも亜鉛は、髪をつくる際に必要となってくる重要な栄養素です。
おもな食品として、レバーやカキ、魚介類などに多く含まれています。

亜鉛は普段の食生活のなかでも不足しがちな栄養素なだけに、意識して摂取するよう心掛けるようにしましょう。

タンパク質、ビタミン、ミネラルは普通の食生活を送っていると問題なく摂取できる栄養素です。

それでも、加齢とともに摂取量が減少してくる栄養素でもあるので、薄毛が気になる年代になったら、意識して積極的に摂取するようにしたいものです。

信じる者は救われる?髪が生えると噂のものとは

よく性欲や体毛が濃いとハゲやすいと言われています。
これは男性ホルモンが多い=ハゲやすいという間違った認識からきているのです。
男性ホルモンの量に個人差はほとんどありません。

ですので、男性ホルモンの一種テストステロンが、薄毛の原因となるホルモンであるジヒドロテストステロンへと変化しやすい体質の人が薄毛になりやすいというのが正しいところなのです。

遺伝に関しても、直接薄毛が遺伝するのではありません。
上述したように、ジヒドロテストステロンができやすい体質が何割かの確率で遺伝するのです。
ですので、頭皮ケアをしっかりしていれば薄毛は予防できるのです。

育毛ケアの噂にも嘘と本当がある

よく言われるのが「頭を叩くと髪が生える」はというものです。
これは、頭皮を傷める危険があるのでおすすめの方法ではありません。

逆に「帽子はハゲやすい」と言われていますが、帽子は正しくかぶれば頭皮を紫外線や乾燥から守ってくれるアイテムなのです。

何が嘘で何が本当かを見極めることが大切
友人から「○○が良いよ」と育毛の噂を聞くこともあるでしょう。

今はネットである程度の情報は自分で調べることができます。
実際に体験した人の口コミなども参考になるでしょう。

それでも自分で実際に体験してみることが大事なのは言うまでもありません。

頭皮を叩くと髪が生えるはウソとは言えない?

誰でも一度は聞いたことがあるのが「頭皮を叩いて刺激を与えれば生える」というものです。

元となったのは今から30年ほど前に発売された育毛剤とブラシのセットが原因とされています。

なんとなく「叩いて刺激を与えれば生える」というイメージが育毛剤には付きものです。

しかし、その真相はどうなのでしょうか。

叩くことで細胞に刺激を与えられるのは本当
頭皮をブラシなどでトントンと叩くことは、頭皮や毛を作っている細胞に刺激を与えることができます。

頭皮の血行を促進できるというのは本当なのです。
実際に育毛の治療でも、頭皮にわずかな傷を付けて髪が生えるのを促すという方法が存在します。

しかし、素人がやみくもに頭皮をブラシなどで頭皮を刺激してしまうと、頭皮を痛めてしまう可能性があります。
ですから、積極的におすすめできるケア方法ではありません。

叩くのみで髪が生えるのは嘘

頭を叩くだけで髪が生えるの?と言われれば答えはNOです。
ブラシで叩けば確かに刺激を与えられます。

もしかしたらそれでも効果があるのでは?と思う人もいるかもしれません。
しかし、多くの人は頭皮を叩くだけで育毛効果は期待できないでしょう。

頭皮を叩くよりも育毛剤+マッサージが有効

頭皮を叩くのと同じ効果が、頭皮マッサージで得ることができます。
育毛剤を付けた後にまんべんなく液体が頭皮に行きわたるように優しく頭皮をマッサージするとよいでしょう。

そうすることで、血行が促進されて育毛剤の成分がしっかり髪や毛根に行き渡ります。

頭皮をマッサージすることで、頭皮を柔らかくして目の疲れや肩こりの緩和にもつながるので一石二鳥ですよ。

髪が生えると噂の食べ物

ハゲには海藻が良い」という噂はかなり前からあります。
最近では「海藻を食べても育毛効果はない」という意見も出てどっちが正解?と思ってしまいます。
実はこれ、どちらの意見も半分は正しいのです。

海藻に含まれるミネラルが健康な髪を育ててくれる
ワカメなどの海藻には豊富なミネラルが含まれています。

その中でも亜鉛はタンパク質の生成を促してくれる重要な成分です。
髪はタンパク質からできているので、亜鉛を積極的に摂取することでコシとハリ、ツヤのある元気な髪を育ててくれます。

このことから、海藻は髪に良いと言われるようになったのです。
さらに、亜鉛は頭皮を含めた皮膚、髪、骨などの常に新陳代謝(細胞の生まれ変わり)を繰り返している細胞に働きかけてくれます。

男性型脱毛症は毛周期の遅れが原因で薄毛、抜け毛が目立つようになると言われていて、海藻を食べることで薄毛や抜け毛の予防ができ、さらにボリュームのある髪を維持できるのです。

海藻に新しい髪を生やす効果はない
一方で、海藻には新しい髪を生やしてくれる効果はありません。
海藻を食べると髪がふさふさになる効果はないとされています。

元気な髪を維持するために海藻はおすすめの食材

海藻に発毛効果はありませんが、今ある髪を守ったり元気にする、薄毛や抜け毛を予防するためにはぴったりの食材です。日本はミネラル分の少ない土壌なので、意識的にミネラルを摂取しないと常に不足する状態だそうです。

サプリメントで補うのも良いですが、やはり普段の食生活からミネラルを摂取するのが一番理想的です。

亜鉛をはじめとしたミネラルをたっぷり含む食材は他にもありますが、海藻は低カロリーで手軽に食べられるところが魅力的な食材なのです。

AGA治療で髪が増えた芸能人

芸能活動を休養したこともある岡村隆史
岡村さんは相当のストレスもあって薄毛になったようです。

しかしながら、専門医によるAGA治療によって現在では薄毛が目立たないくらいになったそうです。
地肌が見えるくらいだったのですが、少しずつ改善に向かっているようです。

また、フットボールアワーの岩尾さんは、昔はおじぎをすると地肌が見えるほどでした。
現在でも薄毛には違いないのですが、お辞儀をしても地肌が見えるというわけではなくなったようです。

リアップで効果が出た人も多い

リアップX5長期投与試験で、被験者の発毛に対する効果をグラフ化したものがあります。

リアップX5を1日2回使用して4週間ごとに被験者自身が自分自身の毛髪の状態を「非常に良くなった」「良くなった」「少し良くなった」「変わらなかった」「悪くなった」の 5段階で評価しているのです。

これによると「少し良くなった」までを含めると、使用12週間後で4割以上の方が発毛効果を実感していて、 使用52週終了時では9割以上の方が発毛効果を実感していることがわかっています。

効果が実感できるから続けられる。そして続けられるから効果が実感できる。 あなたの髪でも「良くなった」を目指してみましょう。
リアップ使用開始4~24週間後まで4週ごとに、開始時と同一部位における毛髪数の変化を確認します。

そして、その増減数を示すことで効果を図ります。
4週間後では1.4本だった増加数が、8週間後では19.0本となり、さらに24週終了時では開始時から21.8本増加している人もいるようです。
リアップには、このように確かな数字があります。

それはリアップには発毛効果があるという証でもあるのです。
測定面積あたりで21.8本の髪の毛が生えるということは、全体だとずいぶん多くの毛が増えていることになりますね。

 

自宅でヘッドスパ!頭皮マッサージの効果

頭皮マッサージを行うことによる効果を紹介します。

・抜け毛や薄毛の予防
・白髪予防
・健康で綺麗な髪を作る
・リフレッシュ効果
・胃腸の働きを整える
・アンチエイジング

頭皮マッサージはアンチエイジング効果も
頭皮のコリをほぐすことによって、血行が促進されて、顔のむくみやくすみが解消されル効果があります。

また、頭皮の筋肉は顔の筋肉と繋がっているので、頭皮が硬いと、顔の筋肉を支えることが難しくなってしまうことから、顔の筋肉が重力に負けて垂れ下がってしまい、それがたるみの原因になってしまうのです。

しかし、頭皮マッサージを行うことによって、頭皮の筋肉が弾力を取り戻し、顔の皮膚をひっぱりあげることが出来ます。

たるみを解消するために、フェイスマッサージやたるみに効く美容液を使って試行錯誤している人も多いでしょう。

しかし、残念ながら加齢と共に頭皮の筋力も弱くなってしまいます。
そのため、顔と同様に頭皮もしっかりマッサージをすることが大切なのです。

両手の指の腹で生え際から後頭部にかけてゆっくり揉んでいきます。
次に指を軽く曲げて、弾みをつけてトントンと頭を軽く叩きましょう。

そして最後に、頭の頂上に位置する、百会というツボを指圧します。
1日5分程度が目安です。

どのような人におすすめ?

頭皮マッサージは薄毛に悩んでいる人に効果ありです。

頭皮のマッサージをする意味が3つあります。

1、頭皮の血流を高めます。それによって髪の栄養が毛根まで到達する事で育毛効果が高まって薄毛改善になるのです。

2、頭皮のリンパの流れを改善します。リンパは頭皮の毒素や細胞にたまったいらなくなったものを排出する働きがあります。

3 、刺激を与える事で頭皮の代謝を促します。年齢と共に、細胞の働きが弱まってきますが、頭皮マッサージやヘッドマッサージのような適度なマッサージで細胞に刺激を与える事で、毛根の衰えを抑え健康的な髪を成長させる手助けになるのです。

頭皮マッサージやヘッドスパ、さらにはヘッドマッサージを行う目的
紫外線、老化、血流不足、動脈硬化、ストレスが原因で髪が細くなることがあります。
これらのことが原因で抜け毛が増えている人にとても効果的なのです。

ヘッドスパとは?

ヘッドスパ

ヘッドスパ」は、頭部のマッサージの一つであり、美容室や専門店で行っているマッサージ法です。

専用のクリームやトリートメントを使用することによって頭皮をマッサージするものですが、頭皮だけではなくリラックス効果もあるので人気が高くなっています。現在は家庭でも取り入れられています。

最初のころは、念入りな頭皮洗浄を中心に行われていましたが、現在では頭皮マッサージが中心となっています。

また、マッサージ方法を紹介する書籍なども多く登場していて、自宅でも簡単にヘッドスパができるようになってきたのです。

マッサージにかかる時間は様々ですが、30分~1時間ほどのコースが多く、ヘッドスパ終了したあとは非常にすっきりした状態になりストレス解消につながっていると好評です。

ヘッドスパには、様々な種類が存在しています。
代表的なのは、オイルを使用したヘッドスパです。これは最も主流なヘッドスパで、美容室や専門店で行われています。

これが、家庭のヘッドスパとは違った部分で特色を出していると言えますね。
時間をかけて行うマッサージが非常に特徴的です。

長いと一時間ほどはマッサージを行うので、体をリラックスさせるという意味では非常に効果があるのです。

また、高い機能を持ったオイルが取り入れられていて、様々な効果が期待できます。

薄毛予防に効果

頭皮の悩みに対する効果
ヘッドスパの効果は多岐に及んでいますが、ヘッドスパは、マッサージをしながら、ツボやリンパを刺激することで血の巡りを良くします。

そうすることでオイルやエッセンスなどの栄養が毛根に届きやすくなるのです。
頭皮環境が正常化すると、抜け毛・薄毛・白髪などに効果が現われてきます。

更に、マッサージによって顔のリフトアップが期待できます。
これは、頭と顔の皮膚が繋がっているため、頭皮がキュッと引き締まることで顔もリフトアップできる仕組みです。

毛髪への効果
また毛髪自体を綺麗にする効果もあります。

これはどういうことかというと、専用のトリートメントやオイルを使用することで、健康な髪の毛を取り戻すことができるのです。カラーリングやヘアアイロンの使用、さらには紫外線や海水によってダメージを受けた髪の毛であっても、何工程ものケアを施すので、健康的な毛髪に戻す事ができます。

また、頭皮環境を正常に保つ働きがあるので新しく生えてくる髪が美しくなるという効果も期待できます。

マッサージの際はヒーリングの音楽がかけるといいでしょう。さらにアロマオイルを炊くとリラックスできます。

効果的な使い方

ヘッドスパの主な効果ですが、頭皮環境の正常化にあります
専用のオイルやクレンジング剤を使用して毛穴の詰まりや汚れを除去します。

さらに、マッサージで頭皮のコリをほぐして血行を促進することで、頭皮環境を正常な状態に整えるのです。

これらによって、髪全体に栄養が行き届くようになります。
そうしたことで、薄毛や抜け毛を防止し、発毛を促進することができるのです。

薄毛や抜け毛の主な原因となっているは、遺伝も大きいのですが、ストレスや偏った食生活、さらには頭皮環境の悪化と言われています。

頭皮環境を改善することでヘアサイクルが整ってきますので、髪が太く長く成長するようになるのです。

頭皮悩みへの効果
頭皮は老廃物やワックスなどの汚れが付いていると、通常のシャンプーでは全て取り除くことはできません。老廃物は時間がたつと酸化しニオイや痒み・フケの原因になります。
ヘッドスパでは、オイルやクレンジング剤を使って、そして炭酸水やマッサージを加えることで普段では落とせないような毛穴の中の汚れまで取り除くことができるのです。
これによって、頭皮のベタつき・フケ・かゆみ・ニオイなどの頭皮悩みを改善することができます。

毛髪への効果
ヘッドスパをすることで、頭皮を清潔で健全な状態にすることができます。
また、髪にエッセンスやクリームを塗布することでダメージが蓄積された髪も美しい状態になるのでツヤも生まれます。

自宅でもこれだけのことができるということですね。

頭皮が臭い!においの原因は頭皮環境の悪化

なぜ頭皮が臭くなるのでしょうか。
臭い人もいれば臭わない人がいるのは体質だけの問題ではないようです。

そこには様々な原因が隠されているのです。
自分の頭皮は臭くないと思っている人もいるでしょう。

これから挙げる原因に当てはまっている人は自分自身が気付いていないだけかもしれません。
誰でも頭皮から臭いを発している可能性があるのです。

不衛生な頭皮環境
まずはこれです。
頭皮も皮膚ですから汗をかきます。
暑い時はもちろんですが、寒い季節でも暖房の強い部屋や、ちょっとした緊張状態の時にはどうしても汗ばんでしまうのです。

夏場であれば衛生面への関心も高くシャワーを浴びるなど気を使うものの、冬場は少し時間が経つと乾くので何もしない人も多いでしょう。

しかし、これこそが頭皮が臭くなる理由でもあるのです。
頭皮だからと思って油断してしまいがちですが、そもそも汗は良い臭いではないのです。

それを放置しておけば臭くなるのは当然です。汗の臭さに夏も冬も関係ありませんからね。

夏の場合はすぐにでもシャワーをと思うものですが、冬場はすぐに乾くと思って放置しておく人は、自覚していないだけで臭い可能性がとても高いと言えます。

また、生活の中だけではありません。しっかりと頭皮を洗っていなければ臭いがこもるのは当然なのです。

何日も頭皮を洗っていない人は当然として、汗ばんで何もしなければ頭皮という「皮膚」に汗の成分が残ってしまいます。

ましてや頭皮は髪の毛のおかげで肉眼で確認出来ないのでそのままにしてしまう人も多いです。

髪に隠れて目に見えないからこそ、臭いがこもってしまって頭皮が臭くなってしまうのです。

頭皮環境とは?

頭皮の状態は、頭皮の色をチェックすることで判別できます。
青色・黄色・赤色といった頭皮がどれに近いか、すぐに鏡を手に取ってチェックしてみましょう。

頭皮が青色の場合
薄く青みがかった色の場合は比較的健康な状態です。しっかりした毛根が多く残っていれば頭皮の色が青色となって視認されるためです。

頭皮が黄色の場合
黄色がかった頭皮は皮脂が酸化している状態です。脂っこい食事を摂りすぎていないでしょうか。
皮脂過剰は毛穴を詰まらせる要因になるので要注意といえます。

頭皮が赤色の場合
頭皮が赤くなっているのは、何らかの原因で炎症を起こしている状態です。
マッサージなどで一時的に赤くなることは血流促進のためなので大丈夫なのですが、常に頭皮が赤色なのは危険信号のサインです。

頭皮の柔らかさをチェック
頭皮は柔軟性が無いと毛根の活力が弱まってしまい、いずれは死んでしまいます。
日々のマッサージを継続的に行って、常に柔軟性を保つようにしましょう。
目安としてはこめかみくらいの柔軟度が理想とされています。

抜けた毛の毛根をチェック
自分の抜け毛はいつもチェックする癖をつけたほうがよいです。
抜け毛のどこを見るかというと根元です。健康的に抜けた自然脱毛の毛根は白く丸く球根のようになっています。
これが細かったら毛根が弱っている証拠なのです。

頭皮はどうだったのでしょうか。
ちょっと自分の頭皮はまずいかも…と思った人は、早めに専門の医師に相談するとよいでしょう。

頭皮に問題があると、薄毛なども進行しますし、放っておくとまずい問題が多いです。
最近では技術が進歩してきて、薄毛が改善できるようになってきました。

自分の状況に気づいた人はなにかしらのアクションを起こしましょう。
その第一歩として、頭皮治療あるいは薄毛治療の専門医に相談することをおすすめします。

臭いの原因

毎日シャンプーをしているのに、何だか頭皮が臭うというときは、ヘアケアの方法や生活習慣に原因があるのかもしれません。
どのような原因が考えられるのかをみていきましょう。

頭皮の皮脂の洗い残し
頭皮が臭う原因として、頭皮の皮脂をきちんと落とせていないことが考えられます。
古くなった食用油が酸化して嫌な臭いを放つように、皮脂も時間が経つと酸化して臭ってしまうのです。

また、皮脂腺から分泌される脂肪酸が過酸化脂質などによって酸化されると、加齢臭のもとになる「ノネナール」が発生します。

これが頭皮の臭いにつながるといわれています。
シャンプーをするときは、頭皮もよく洗うようにしましょう。

皮脂を落とし過ぎている
洗い残した頭皮の皮脂は、においの原因になります。
だからといって皮脂を落としすぎるような洗い方もNGです。

皮脂には、汗と交じり合って「皮脂膜」となって、皮膚をコーティングして守ったり、肌表面を弱酸性に保って雑菌の繁殖を抑える役割があります。

そのため、皮脂を落とし過ぎると、それを補うために、かえって皮脂の分泌が過剰になってしまいます。
これが、臭いの原因になることもあるのです。

1日に何度もシャンプーをしたり、頭皮をゴシゴシこすったり、必要以上に洗浄力の強いシャンプーを使ったりするのはやめたほうがいいでしょう。

シャンプーや育毛剤が原因の可能性も

シャンプー

間違ったシャンプー方法
シャンプーで洗っているから自分の頭皮は臭くはない…多くの人がこのような気持ちを持っていると思います。

しかし、残念ながら間違ったシャンプーではむしろ頭皮を臭くしてしまっている可能性があるのです。

シャンプーは髪の毛の汚れを落とすためのものでもあるのですが、本来の目的は、頭皮の汚れを落とすためです。

その際、シャンプーに使われている成分によっては頭皮に刺激をもたらしてしまいます。

また、シャンプーの際に爪を立てるといった間違った洗い方をしている場合、シャンプーの原材料が傷に入って頭皮に悪影響を与えてしまうこともあります。

そして何気に多いのがすすぎ不足です。
洗った後で、シャンプーをしっかりと洗い流さないと、シャンプーの原材料が頭皮に残ってしまうのです。

香り付きシャンプーであれば臭くないと思うかもしれません。
しかし、原材料が残ることがよくないのです。

それによって、皮脂を過剰に分泌させたり、あるいは残ったシャンプーの原材料が汗と混ざり合ってして異臭になるのです。

本人はしっかりとシャンプーをしていると思っているので、自分の頭皮が臭いとは夢にも思わないでしょう。

しかし間違ったシャンプーによって頭皮が臭くなることもあるのです。

頭皮環境を整える方法

正しい頭皮ケアの方法は、自分の頭皮に合うシャンプーでやさしく洗い上げて、しっかりと乾燥させることです。

皮脂には、頭皮を衝撃から守ることや、必要な水分の蒸発を防ぐ役割があります。
そのため、皮脂は頭皮に適度に存在していなければなりません。しかし、洗浄力の強いシャンプーや、1日に何度も髪を洗う行為は、皮脂を全て洗い流すことに繋がってしまいます。

すると、それを補うためにかえって皮脂を過剰分泌するという悪循環が起こってしまうのです。

ですので、頭皮にあまり刺激を与えないアミノ酸系シャンプーやベタイン系シャンプーがお勧めです。

また、最近では皮脂をコントロールし、臭いの元からケアができる製品も出回っています。

その他、雑菌やカビを抑制するシャンプーなどもいいでしょう。
皮脂の酸化を抑える石鹸など、臭い対策に特化した商品が多く開発されています。

そのうち、どれが自分の頭皮に合うものなのか見つけ出すことから頭皮の臭いケアが始まるのです。

そして大切なのは、洗い終えてからの頭皮のケアです。
まず、シャンプーやコンディショナーをしっかりと洗い流して、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

そして、水分も雑菌が増える温床となるので、ドライヤーなどでしっかりと乾かすことが大切です。
さらに、その後に頭皮用のローション等を使用して保湿すると、より効果的となります。

М字ハゲの原因と進行過程

M字はげはなぜ起こってしまうのでしょうか。
M字ハゲの大きな原因は3つあると言われています。

①AGA
まず男性ホルモン(テストステロン)が頭皮で特定の酵素である5αリダクターゼと結び付きます。
すると抜け毛や薄毛の原因になるジヒドロテストステロン(DHT)という物質が生成されるのです。
このジヒドロテストステロンの影響で、薄毛になる症状をAGA(男性型脱毛症)と呼んでいます。
M字はげはこのAGAに見られる症状の一つです。

②生活習慣
不規則な生活、睡眠不足、偏った食事、喫煙、運動不足、さらには眼の疲れや間違ったシャンプーなど、これらは薄毛の原因になります。
生活習慣の乱れは頭皮の環境を悪くし、頭皮の環境が悪くなれば抜け毛や薄毛が起きやすくなるのです。

③遺伝
薄毛の原因のすべてが遺伝ではありませんが、薄毛に影響を与える遺伝子要素は確かにあるということです。
①のでも述べた「5α-リダクターゼ」、この働きが活発だと薄毛の原因となるヒドロテストステロンが多く作られてしまいます。
両親のどちらかが、この活性力の高い5α-リダクターゼの因子をもっている場合、それを受け継いでいる可能性は比較的高くなるということです。

AGAは髪の抜け方が特徴的

M字ハゲの特徴はそのものズバリでM字から抜けていくということです。
おでこの左右から自然なそり込みが入っていくように生え際が抜けていきます。
正面から見るとアルファベットの「M」の字に見えるようになっています。

なぜこのような抜け方をするのかをというと、AGAの原因でもあるDHTを作る5αリダクターゼが額にたくさん分布しているからです。
このことから、AGAの初期症状としてM字に抜け毛が進行することがあると言われているのです

M字はげは進行が速く、放っておくとよくなることはないので、もし気づいた時にはできるだけ早く対処する必要があります。

次につむじから抜けていくということです。
M字ハゲだから額からと思うのは間違いです。
つむじにもまた、額と同じように5αリダクターゼが多く分布しています。

また、それだけではなく、つむじは他の部分と比べて血管が少ない部分です。
そのため、髪の毛の成長に必要な栄養が届けにくい部分でもあるのです。
栄養が届けられにくい+5αリダクターゼが多い、よってAGAが進行しやすいということになります。

どちらかというと、M字からつむじとAGAが進行する場合が多いため、治療を始めると逆につむじ→M字の順で改善していくことが多いということです。

AGAに当てはまらない薄毛肩凝り

①脂漏性脱毛症
頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって、べっとりとしたフケに繁殖した雑菌が炎症を引き起こし、頭皮環境が悪化します。
その結果、痒みや脱毛が起こってしまう脱毛症なのです。
体質が原因とされることが多いですが、頭皮の洗い過ぎも皮脂の過剰分泌を引き起こす原因のひとつと言えます。
また、油物中心の偏った食事も皮脂の過剰分泌を悪化させる原因になるのです。

②ひこう性脱毛症
頭皮の乾燥によって引き起こされる脱毛症です。
こちらも洗い過ぎが原因で起こることの多い脱毛症と言えます。
頭皮の乾燥によりフケが大量に発生するので、見た目はかなりマイナスですね。
早急に頭皮環境の改善を図る必要があります。

③栄養不足による脱毛
人の体が食べたもので構成され、活動しているように、毛髪も口から摂取したものによって大きく左右されます。
人の体に必要な栄養が不足しているということは、髪をつくるための栄養も不足しているということです。
栄養不足にならないためにもバランスのとれた食生活を心がけましょう。

④頭皮の血行不良による脱毛
口から摂取された栄養素は体の中で分解されます。
そして、その栄養を欲している部位に送られます。
髪に必要となる栄養を届けるのは「頭皮の毛細血管」です。
この毛細血管の流れが悪くなると、必要な栄養素が届かず、その結果、髪も成長しないというわけです。
薄毛改善において「頭皮の血行促進」は非常に重大なカギといえます。

⑤投薬による脱毛
抗がん剤などの薬の副作用によって、一時的に脱毛状態になります。

リアップx5プラスが効果を発揮する薄毛

リアップx5プラスは1本7,611円(税込)です。

毎日使う物の中では歯磨き・シャンプー・洗剤と比べたら圧倒的に高いですね…
ですが、本格的に髪が危険になってからでは対処が遅いのです。

ですから、高い安いというよりは、ハゲになってもいいのかどうかという基準でリアップx5プラスの使用を考えなくてはいけません。

いざとなったら、育毛サロンや増毛という方法もありますが、その為の手間や金額を考えると、育毛を早くから行えばトータルで見た金額・手間は少なくて済むのです

薄毛状態から本格的に回復させる為の リアップx5プラスの正しい使い方 は1日2回の使用とされています。
予防目的では1日1回、洗髪後に使用がいいでしょう。

薄毛が進行していると感じた場合は通常の1日2回の使用となります。
通常使用では2ヵ月で使い切る形になりますが、予防目的では4ヵ月もつことになります。

髪は、生える、成長する、抜けるといったサイクルを繰り返しています。
同じ数だけ新しく生えても、早く抜けてしまえば、それは育たないということで目に見える髪の量は少なくなります。

生えてこなければ、髪の量は徐々に減ります。
そして、最終的に0になってしまうのです。
リアップx5プラスが他の育毛剤と違う点は 「発毛させる効果がある」という 点です

「発毛をサポートする」のでなく、ズバリ「発毛」する効果があるのです。
このことからも、抜け毛・薄毛対策に確実な効果があることがわかります。

 

急なフケは頭皮環境の悪化が原因

フケが大量に発生すると気になるのは当然のことです。
自分で気になるどころか周囲からの目も気になってしまいます。

そのため、フケを取りたい気持ちから一日に何度もシャンプーを繰り返してしまいがちとなるのです。
確かに、シャンプーをすると、頭皮はすっきりして、髪に付着していたフケもきれいにとることができます。

しかし、フケが気になるからとシャンプーをし過ぎるのは実はNGなのです。
洗い過ぎは、かえってフケの大量発生を招いてしまう可能性があるからです。
フケで悩む人にとっては、できるだけ皮脂を取り除きたいと思うものですが、皮脂には雑菌の侵入を防いだり、地肌を保湿したりする役割があります。

つまり、シャンプーをすればするほど、本来あるべき皮脂まで取り除かれてしまうのです。
そのせいで地肌は乾燥してしまい、その結果さらにフケが発生しやすくなるのです。

フケを抑えるためには、シャンプーで頭皮を清潔に保つことが大切ですが、一日に何度もシャンプーをしているなら、まずはシャンプーの回数を控えるようにしましょう。

シャンプーの適切な頻度は、一日一回です。
アミノ酸系シャンプーの洗浄力は石鹸系や高級アルコール系に比べるとやや落ちます。
ということは、毎日使用しても髪や頭皮の健康を損なわないメリットがあるのです。

シャンプーはパッケージを見ただけでは洗浄成分の違いを判断することは難しいです。
そこで、ボトル裏の成分表を見えればすぐに判断できます。

かゆみがある場合はシャンプーが原因の可能性

石鹸系は、成分の安全性は高いものの洗浄力が非常に高いので、髪や頭皮にとって刺激になる場合があります。
そのため、石鹸系のシャンプーはおすすめできません。

また、高級アルコール系は、泡立ちが良く汚れを落としやすいのですが、石鹸系以上の洗浄力があるので、やはりおすすめできません。
現在、石鹸系や高級アルコール系のシャンプーを使っているならまずは使用をストップするようにしましょう。

特にかゆみがある場合は、頭皮を著しく損傷している可能性があります。
かゆいからついついかいてしまって、さらに頭皮を傷めてしまうのです。
かくにしても触るにしても指の腹で触るようにしましょう。

リアップx5プラスでかゆみが出たら?

育毛剤

リアップx5プラスを私用していて、かゆみが出たらどうしたらいいでしょうか。
そのときは、一旦使用をストップして様子を見ます。
頭皮の活性化によるかゆみは、放っておいてはいけません。

少しでも頭皮のかゆみを感じたら、一旦育毛剤の使用をストップして様子を見るようにしましょう。
頭皮への刺激も極力抑えるように心がけてください。

かゆみが止まっても油断は禁物です。
育毛剤の量を少し減らして、肝心なのは頭皮をびっくりさせないようにするのがコツです。

そして、リアップx5プラスの使用をやめて育毛剤の種類を変えてみるのも一つの方法です。
頭皮のかゆみが長期間続いたり、育毛剤の量を減らしてもかゆみが止まらない場合、頭皮と育毛剤の相性が悪いことが考えられるからです。

そのときは、思い切って育毛剤の種類を変えてみましょう。
全額返金保障付きの育毛剤なら、もし頭皮との相性が悪くても、お金が全額返ってくるのでおすすめです。

そして、ものは試しなのですが、頭皮専用の美容液を使ってみましょう。
頭皮専用の美容液を使うのは、育毛を促進するものではありませんが、頭皮の状態を正常に戻してくれる効果があります。

まずは、痛んだ頭皮を元の状態に戻すことが先決です。
また、かゆみが止まらない場合は、リアップx5プラス自体が頭皮に合わないと考えていいでしょう。

効果があるないといった以前の問題で育毛剤を変える必要があります。
そして、何よりも肝心なのは、効果的な育毛には健康的な頭皮が必要不可欠ということです。

育毛剤の使用は頭皮を正常に戻してからでも遅くはありません。まずは頭皮のコンディションを整えてから、もう1度育毛剤にトライしましょう。

 

帽子をかぶる仕事はハゲやすいのか?

帽子は間違ったかぶり方をすればハゲます。
帽子は正しくかぶればかなり便利なアイテムです。

そもそも帽子の役割は、頭を守ることにあります。
頭を守るというのは、ヘルメットみたいに衝撃から守るという効果も少しはあるのですが、メインは太陽からの直射日光や紫外線からを守って、頭の温度上昇を防ぐことです。

頭の温度が上がれば、熱中症はもちろんですが体調を悪くしたり頭皮が炎症を起こしてしまいます。
また、冬場の寒い時期でも、頭が冷えることによって血行が悪くなります。
髪の毛に栄養がいかなくなってもハゲるので、頭皮を寒さから守る効果もあるのです。

頭皮に炎症を起こすということは、髪の毛に大きな影響を与えることになります。
寒い時期での血行不良も髪の毛に大きな影響を与えるのです。

頭皮の炎症や血行不良は髪の毛の成長を大きく妨げるので、ハゲにつながります。
以上のことから、帽子というのは、正しくかぶれば、ハゲの『防止』にもなるのです。

帽子をかぶるとハゲる?についてまとめてみます。
・通気性の悪い帽子はムレる
・しめつけの強い帽子は頭の血行を悪くする
・長時間がかぶっているとハゲる
帽子は正しくかぶれば、ハゲの防止にもなるアイテムということですね。

屋外での仕事はハゲやすいのか?

帽子は頭皮を守ってくれるのでハゲの防止にもなります。
それでは、正しい防止のかぶり方はどのようにしたらいいのでしょうか。
帽子の正しいかぶり方は、適度に換気をすることです。

帽子かぶって1日過ごしたあとは必ず頭を洗って寝ることが大切です。
屋外では特に帽子は必要なアイテムです。
それはハゲを防止するためでもあり、ハゲてしまった人の頭皮を守るためでもあるからです。

薄毛やハゲで悩んでいる人にとっては、帽子は髪の毛を隠せるので、便利なアイテムでもあります。
しかし、室内でつけたままにしてしまうと逆にどんどん髪の毛が抜けていってしまいます。

ですから、ハゲや薄毛で悩んでいる人は室内では、帽子をとるように心がけましょう。
ずっと帽子をかぶっていれば、ハゲを気にすることはない・・・そんなふうに思ってしまうのが一番危険なのです。

実はどんどん自分の髪の毛を追い込んでしまっているということですね。
そして、肝心なのは屋外での仕事はハゲやすいのかということです。

まず、紫外線から頭を守らなくてはいけません。そのためにも帽子が必要ですが、ずっと帽子をかぶっていたのでは蒸れてしまって、頭皮環境を著しく悪くしてしまいます。そこにさえ気をつければ屋外の仕事だからハゲやすいということはありません。

薄毛になりやすい職業となりにくい職業があった!

営業

ハゲやすい職業ランキングを紹介していきます。
内容を見れば「なるほど」と思わされるものが多いですよ。

・企画・マーケティング
とにかく忙しく、不規則な生活習慣にならざるを得ないです。
そのため、生活習慣の乱れから頭皮に悪影響が起こり、そこから薄毛に発展するケースが多いのです。
また人づき合いが多く、自分自身の企画が会社を左右する性質を持っているので、ストレスを抱え込みやすのも大きなポイントになります。

・営業
対人スキルが要求される職業です。
付き合いの飲み会、外回りが多いのでストレスが過剰にかかってきます。そして、生活習慣が不規則になりがちな傾向にあるのです。

・技術職
技術職は上からのプレッシャーが大きくかかりやすい職業と言えます。
自分ではベストを尽くしていても、上からは「まだやれるだろう」「こんなもんじゃダメだろう」といった圧力をかけられることも多いのです。
また失敗が許されないケースも多いので過剰なストレスを受けやすい職業です。

IT職
IT職はとにかく勤務環境が良くないことが多いです。
一日中机に座りっ放しで、パソコンとにらめっことなります。
おまけに残業もかなり多いので、ストレスが慢性的にかかり続けているといっても過言ではありません。

以上が薄毛になりやすい代表的な職業です。
ほぼ全てストレスが影響する職業ですから、ストレスをあまり感じない職業が薄毛になりにくい職業ということになりますね。

ストレスと薄毛の関係

ストレスを受けると、どのようにして薄毛になっていくのでしょうか。
まず、ストレスを受けると、自律神経のうちの1つである交感神経が働き始めます。

交感神経が活発に働くことで、心臓の動きも活発になって、血圧が上昇するのです。
血圧が上昇すると、沢山の血液を送り出すことができるので、たくさんの栄養を補給するようになります。

そうすることで、ストレスに対応する事ができるのです。
ですから、適度なストレスはとくに薄毛と結びつくようなことはありません。

慢性的にストレスを受けるようになると危ない
沢山のストレスを慢性的に受けるようになると話は変わってきます。

その状態になると、常に血管が収縮されるので、血行不良に陥りやすくなります。
そうなると、髪の毛に栄養が行き届かなくなるのです。
また、沢山のストレスに対処するためには、沢山の栄養やエネルギーが必要となります。

しかし、生命維持に必要な脳や主要臓器のためのエネルギーを削るわけにはいきません。
そうなると、限りある栄養やエネルギーの中でどこを削るかというと、頭皮や髪の毛の成長に使うエネルギーを削ってしまうのです。

こうなってしまうと、髪の毛の成長を支える毛乳頭や毛母細胞が本来の働きができなくなり、髪の毛が抜け、薄毛になってしまうということです。

リアップx5プラスを始める時期

リアップx5プラスは、大正製薬が販売している発毛剤です。
薄毛に効果のある有効成分「ミノキシジル」を配合した、日本で唯一国(厚労省)から認められている発毛剤なのです。

リアップx5プラスにはどのような効果があるのでしょうか。
薄毛にもいろんな原因や症状があります。
リアップx5プラスはどのようなタイプの薄毛に効果があるのでしょうか。
公式サイトにもある通り、リアップx5プラスは老化とともに進む壮年性脱毛症に特に効果があると言われています。

逆に、円形脱毛症、甲状腺疾患による脱毛等への効果は無いとのことです。
ご自身の薄毛の原因・症状を見極めてから利用することが必要ですね。
リアップは生え際の薄毛よりも、頭頂部の薄毛によく効くと一般的に言われています。

ミノキシジルの効果によって血行を良くして発毛を促すので、もともと毛細血管が少ない生え際よりも、頭頂部の方が効果的ということなのです。
実際に、頭頂部では効果を実感していても、生え際では効果を感じられなかった人もいます。

ですから、頭頂部が薄くなったなと実感したときがリアップx5プラスを始めるときと言えるかもしれません。

予防のために使っても大丈夫?

リアップx5プラスに含まれるミノキシジル成分は発毛効果がありますが、抜け毛を減らす効果はありません。
脱毛がそれほど多くなく、発毛を促進するだけで薄毛が改善される人であれば、リアップx5プラスだけでも良いでしょう。

ただし、男性の薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症)と言われています。
薄毛に悩んでいる人がAGAであれば、フィナステリド成分の医薬品も必要でしょう。

これは、AGA(男性型脱毛症)による抜け毛を抑制します。
逆に言うと、AGAでなければフィナステリド成分は服用しても意味がないということになります。

日本皮膚科学会は2010年4月、男性型脱毛症に関する治療法や育毛成分などを科学的根拠に基づいて「男性型脱毛症診療ガイドライン」を発表しています。
その中で効果があるのは「ミノキシジル外用」と「フィナステリド内服」のみであると断言しているのです。

それ以外のものは「行うことを考慮しても良いが十分な根拠がない」、「有効性を示す根拠は少ないものの、副作用が軽微である」としているのです。
本当に発毛・育毛を望んでいるのであればミノキシジル+フィナステリドをお勧めします。

つまり、リアップx5プラスは効果があるということです。
また食事などで、末梢血管の血流を増加させることも重要です。
内的なものは継続して毛乳頭・毛母細胞に効くので効果があります。「外的+内的」な総合的な取り組みが大切ということです。

以上のことから、リアップx5プラスは予防にも十分効果があるということになります。

シャンプーを代えるだけで薄毛は解消するのか

薄毛の人の場合、髪の毛が細くなっていることが多いのですが、細くなった髪の毛というは毛根そのものが弱っている状態です。
そこをゴシゴシと強くこすってシャンプーすると、その摩擦で弱った髪の毛がさらに抜けてしまうことになります。

また、生えてきたばかりの新しい髪の毛も、まだ毛根がしっかりしていない状態ですから、やはり摩擦に弱く、ゴシゴシこすり洗いをすると抜け落ちてしまうのです。
ですから頭皮は「こすらず」、頭皮「そのものを動かす」ように洗うといいでしょう。

具体的には、洗顔の要領と言ったらわかりやすいかもしれません。
シャンプーも同じです。
頭皮の汚れはシャンプー剤の泡が落とします。

ゴシゴシこすったからといって、汚れが余計に落ちるわけではないのです。
ただ、シャンプー剤の泡を頭皮全体にいきわたらせるためにも、まったくこすらないのは不可能でしょう。

シャンプーはアミノ酸系のシャンプーが良いとされています。
洗浄力の強いシャンプーよりも頭皮に優しいとされているのがアミノ酸系のシャンプーです。
これによって薄毛が解消されるというわけではありませんが、薄毛の進行を遅くする効果は十分に期待することができるでしょう。

リアップx5プラスと相性が良いシャンプー

シャンプーで頭皮をごしごし洗うというよりも、頭皮マッサージなどを重視するようにしましょう。
頭皮マッサージの実施や育毛剤を使用する事に関して重要なのですが、多くの人は育毛剤の薬用成分等に目が行きがちとなっています。

これもある意味しかたのないことですが、マッサージを実施して血行を良くする成分の育毛剤をいくら使用しても血管を流れている血液の中身が健康でなければ意味がないのです。
そのためには規則正しいバランスの取れた食生活、十分な睡眠、清潔な頭皮を保つことが育毛には大切です。

ちなみに「マッサージ」については洗髪時に優しく、指で頭皮全体を刺激する程度で十分です。
そして、リアップx5プラスに相性の良いシャンプーですが、これは同じ大塚製薬から発売されている、リアップシャンプーがいいでしょう。

なによりも同じ商品名を冠している商品ですから、相性は抜群です
少なくとも他社のシャンプーよりも効果があることは間違いありません。

 

父親が薄毛!早めにできるケア方法

抜け毛や薄毛が遺伝するのは次の二つの作用によるとされています。
まず一つ目は「5α-リダクターゼ」という物質です。

この還元酵素の働きは分泌された男性ホルモンに作用して、その働きを強化することです。
二番目は、強化された男性ホルモンがその効果を発揮するような受容性をもっているかどうかということです。

薄毛に関係あるとされている「ジヒドロテストステロン」は男性ホルモンの一種です。
この男性ホルモンの効果を強化・変容させる要素に加え、さらにこれを受容する遺伝的な要素が備わっている人は、遺伝としてはげやすいということになるのです。

遺伝性の脱毛を予防するには、早めの対策を立てることがもっとも重要です。
男性脱毛症の治療薬として高い期待があるのが「フィナステリド」という成分です。
一般には「プロペシア」が人気ですが、最近ではジェネリック製品も多く出回るようになりました。
「フィンペシア」などがその代表となっています。

遺伝性の薄毛にならないか不安に思っているだけでは問題は解決しません。
早目に対策を取るようにこころがけましょう。

 

遺伝する確率と心構え

確かに、遺伝=先天的なものと考えてしまいますが、はげが遺伝するのではなく、はげやすい体質が遺伝するのです。
かならずしも100%はげる訳でもなければ、原因が遺伝ではない場合もあります。

ちなみに男性の場合、両親のどちらかが脱毛症の遺伝子を持っていたら薄毛が遺伝するとされていて、遺伝が考えられる確率は75%・・これは結構な確率ですね。

しかし、脱毛症の遺伝子が引き金になって薄毛になるのは、実は全体の30%です。
要は、薄毛になりやすい遺伝を引き継いでいてもAGA(男性型脱毛症)が発症しないケースもあるということですね。

遺伝による薄毛になりやすい体質に何かしらの要因が加わってAGAが発症⇒薄毛になっているケースが多いので、となれば遺伝的に薄毛になりやすいと諦めてしまうのは早い気がします。

最も薄毛の遺伝を受け継ぎやすいのが、母親家系に一人でも薄毛になっているかどうかというくらいです。
つまり、母親のお父さんやお母さんどちらかが薄毛だとすると、自分が遺伝による可能性で薄毛になる可能性が非常に高いということです。

ただし、これも絶対ではありません。
あくまでも遺伝による薄毛になりやすい体質を受け継ぐだけなのです。
遺伝によって絶対に薄毛になるということはないのですが、遺伝による薄毛の確率は引き継ぎやすいといえます。

また、生活習慣や食生活、ストレス・運動不足など、AGAが発症する原因は様々です。
日ごろから健康的な生活を心がけることが大切ですね。

 

ハゲ家系でも予防で回避できるのか

遺伝によるハゲの確率がわかったところで、遺伝によってこれからハゲるかどうかまでは分かりません。
ハゲることの原因はテストステロンがDHTという物質に変化することによって起きるからです。

男性型脱毛症AGAが始まるきっかけはコントロールが難しいのですが、できる限り健康に気を使った生活をすれば、先延ばしがある程度できます。

AGAは皮脂の過剰分泌がスイッチになると言われています。
皮脂が多くなるのはどんな時でしょうか。

・肉、油脂類、卵など、中性脂肪やLDLコレステロールが多いものを多く摂ったとき
・菓子や加工食品など、抗酸化成分や酵素が少ない食品の摂取が多くなったとき
・大きなストレスを受けたり、寝不足、運動不足などで体の酸化が進んだり、代謝が悪くなったときこのようなことがきっかけとなります。

つまり体の代謝力が落ちてしまって、体内に入ってくる悪玉の脂肪酸が代謝できなくなってきたときに、ダイレクトに皮脂として体外に出すようになってしまうわけなのです。

それが、AGAを引き起こす5αリダクターゼ還元酵素の働きが活発になるきっかけになるのです。
これを先延ばしにするには、上記と反対、つまり「健康的な生活」と「抗酸化食品を摂る」などということを心がけるしかありません。
ただ、そこに気を付けても、体の老化や代謝力の低下は将来的には逃れることはできません。

そうなると、男性型脱毛症AGAは間違いなく始まってしまいます。
しかし、男性型脱毛症AGAの総合的な対策は、「健康的な生活」と「抗酸化食品を摂る」ことで、それによって進行は穏やかになるのです。
無駄な育毛コストをかけないためにも、普段から健康的な生活、食生活を心がけるようにしましょう。

 

食生活や生活習慣も原因に

牛乳

ハゲないためにも食生活は大事です。以下の食材をできるだけ摂取するようにしてください。

タンパク質 髪の主成分 肉、魚、大豆、牛乳、乳製品などビタミンA 頭皮環境を整える バター、牛乳、チーズ、鶏卵、緑黄色野菜、うなぎなど

ビタミンC タンパク質の生成 レモン、オレンジ、グレープフルーツ、トマト、柿などビタミンE 頭皮の血行促進 オリーブ油、キャノーラ油、ヒマワリ油、アーモンド、落花生なミネラル 髪の生成を補助 海藻類、大豆製品、牛乳など

亜鉛 細胞の増殖効果 海藻類、肉類、卵、牡蠣など

しかし、仕事の付き合いなどで毎日健康的な食事が難しい。
そういった場合は、育毛サプリメントで髪にいい栄養素をしっかりと補うことが大切です。
1日に換算しても100円もかかりませんし、性欲減退など副作用の心配もありません。
また、規則正しい生活習慣をすることもとても大切です。

 

発毛剤と育毛剤・・・どちらを選ぶべき?

育毛剤と発毛剤の違いとは?
育毛剤と発毛剤、この2つは薄毛対策でよく耳にする言葉ですが、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。

育毛剤の効果
育毛剤の役割は、「今ある髪を抜けにくくすること」です。
髪の毛の成長を促進させ、抜け毛を防ぐことで、薄毛を予防することが目的です。
具体的には、以下のような効果が期待できます。
・新陳代謝を活性化させ、育毛を促進する
・頭皮の乾燥を防ぎ、頭皮の環境を整える
・頭皮の血行を促し、髪の成長を助ける
・頭皮の炎症や雑菌の繁殖を防ぎ、抜け毛を防ぐ
このように、現在生えている髪を太く強くすることが目的なのです。
いっぽうで、髪が生えることを期待しても効果なしで終わるでしょう。

発毛剤の効果
育毛剤は今ある髪の毛を守るためのものです。
いっぽうで、発毛剤は毛母細胞を活性化させ、細胞分裂を促す成分を含んでいて、新しい髪の毛を生やすことが目的です。
発毛剤には、医薬品に指定されたものが多いので効果が期待できますが、「ミノキシジル」のような成分は、身体に対して刺激が強すぎるというデメリットもあるのです。