頭皮が臭い!においの原因は頭皮環境の悪化

なぜ頭皮が臭くなるのでしょうか。
臭い人もいれば臭わない人がいるのは体質だけの問題ではないようです。

そこには様々な原因が隠されているのです。
自分の頭皮は臭くないと思っている人もいるでしょう。

これから挙げる原因に当てはまっている人は自分自身が気付いていないだけかもしれません。
誰でも頭皮から臭いを発している可能性があるのです。

不衛生な頭皮環境
まずはこれです。
頭皮も皮膚ですから汗をかきます。
暑い時はもちろんですが、寒い季節でも暖房の強い部屋や、ちょっとした緊張状態の時にはどうしても汗ばんでしまうのです。

夏場であれば衛生面への関心も高くシャワーを浴びるなど気を使うものの、冬場は少し時間が経つと乾くので何もしない人も多いでしょう。

しかし、これこそが頭皮が臭くなる理由でもあるのです。
頭皮だからと思って油断してしまいがちですが、そもそも汗は良い臭いではないのです。

それを放置しておけば臭くなるのは当然です。汗の臭さに夏も冬も関係ありませんからね。

夏の場合はすぐにでもシャワーをと思うものですが、冬場はすぐに乾くと思って放置しておく人は、自覚していないだけで臭い可能性がとても高いと言えます。

また、生活の中だけではありません。しっかりと頭皮を洗っていなければ臭いがこもるのは当然なのです。

何日も頭皮を洗っていない人は当然として、汗ばんで何もしなければ頭皮という「皮膚」に汗の成分が残ってしまいます。

ましてや頭皮は髪の毛のおかげで肉眼で確認出来ないのでそのままにしてしまう人も多いです。

髪に隠れて目に見えないからこそ、臭いがこもってしまって頭皮が臭くなってしまうのです。

頭皮環境とは?

頭皮の状態は、頭皮の色をチェックすることで判別できます。
青色・黄色・赤色といった頭皮がどれに近いか、すぐに鏡を手に取ってチェックしてみましょう。

頭皮が青色の場合
薄く青みがかった色の場合は比較的健康な状態です。しっかりした毛根が多く残っていれば頭皮の色が青色となって視認されるためです。

頭皮が黄色の場合
黄色がかった頭皮は皮脂が酸化している状態です。脂っこい食事を摂りすぎていないでしょうか。
皮脂過剰は毛穴を詰まらせる要因になるので要注意といえます。

頭皮が赤色の場合
頭皮が赤くなっているのは、何らかの原因で炎症を起こしている状態です。
マッサージなどで一時的に赤くなることは血流促進のためなので大丈夫なのですが、常に頭皮が赤色なのは危険信号のサインです。

頭皮の柔らかさをチェック
頭皮は柔軟性が無いと毛根の活力が弱まってしまい、いずれは死んでしまいます。
日々のマッサージを継続的に行って、常に柔軟性を保つようにしましょう。
目安としてはこめかみくらいの柔軟度が理想とされています。

抜けた毛の毛根をチェック
自分の抜け毛はいつもチェックする癖をつけたほうがよいです。
抜け毛のどこを見るかというと根元です。健康的に抜けた自然脱毛の毛根は白く丸く球根のようになっています。
これが細かったら毛根が弱っている証拠なのです。

頭皮はどうだったのでしょうか。
ちょっと自分の頭皮はまずいかも…と思った人は、早めに専門の医師に相談するとよいでしょう。

頭皮に問題があると、薄毛なども進行しますし、放っておくとまずい問題が多いです。
最近では技術が進歩してきて、薄毛が改善できるようになってきました。

自分の状況に気づいた人はなにかしらのアクションを起こしましょう。
その第一歩として、頭皮治療あるいは薄毛治療の専門医に相談することをおすすめします。

臭いの原因

毎日シャンプーをしているのに、何だか頭皮が臭うというときは、ヘアケアの方法や生活習慣に原因があるのかもしれません。
どのような原因が考えられるのかをみていきましょう。

頭皮の皮脂の洗い残し
頭皮が臭う原因として、頭皮の皮脂をきちんと落とせていないことが考えられます。
古くなった食用油が酸化して嫌な臭いを放つように、皮脂も時間が経つと酸化して臭ってしまうのです。

また、皮脂腺から分泌される脂肪酸が過酸化脂質などによって酸化されると、加齢臭のもとになる「ノネナール」が発生します。

これが頭皮の臭いにつながるといわれています。
シャンプーをするときは、頭皮もよく洗うようにしましょう。

皮脂を落とし過ぎている
洗い残した頭皮の皮脂は、においの原因になります。
だからといって皮脂を落としすぎるような洗い方もNGです。

皮脂には、汗と交じり合って「皮脂膜」となって、皮膚をコーティングして守ったり、肌表面を弱酸性に保って雑菌の繁殖を抑える役割があります。

そのため、皮脂を落とし過ぎると、それを補うために、かえって皮脂の分泌が過剰になってしまいます。
これが、臭いの原因になることもあるのです。

1日に何度もシャンプーをしたり、頭皮をゴシゴシこすったり、必要以上に洗浄力の強いシャンプーを使ったりするのはやめたほうがいいでしょう。

シャンプーや育毛剤が原因の可能性も

シャンプー

間違ったシャンプー方法
シャンプーで洗っているから自分の頭皮は臭くはない…多くの人がこのような気持ちを持っていると思います。

しかし、残念ながら間違ったシャンプーではむしろ頭皮を臭くしてしまっている可能性があるのです。

シャンプーは髪の毛の汚れを落とすためのものでもあるのですが、本来の目的は、頭皮の汚れを落とすためです。

その際、シャンプーに使われている成分によっては頭皮に刺激をもたらしてしまいます。

また、シャンプーの際に爪を立てるといった間違った洗い方をしている場合、シャンプーの原材料が傷に入って頭皮に悪影響を与えてしまうこともあります。

そして何気に多いのがすすぎ不足です。
洗った後で、シャンプーをしっかりと洗い流さないと、シャンプーの原材料が頭皮に残ってしまうのです。

香り付きシャンプーであれば臭くないと思うかもしれません。
しかし、原材料が残ることがよくないのです。

それによって、皮脂を過剰に分泌させたり、あるいは残ったシャンプーの原材料が汗と混ざり合ってして異臭になるのです。

本人はしっかりとシャンプーをしていると思っているので、自分の頭皮が臭いとは夢にも思わないでしょう。

しかし間違ったシャンプーによって頭皮が臭くなることもあるのです。

頭皮環境を整える方法

正しい頭皮ケアの方法は、自分の頭皮に合うシャンプーでやさしく洗い上げて、しっかりと乾燥させることです。

皮脂には、頭皮を衝撃から守ることや、必要な水分の蒸発を防ぐ役割があります。
そのため、皮脂は頭皮に適度に存在していなければなりません。しかし、洗浄力の強いシャンプーや、1日に何度も髪を洗う行為は、皮脂を全て洗い流すことに繋がってしまいます。

すると、それを補うためにかえって皮脂を過剰分泌するという悪循環が起こってしまうのです。

ですので、頭皮にあまり刺激を与えないアミノ酸系シャンプーやベタイン系シャンプーがお勧めです。

また、最近では皮脂をコントロールし、臭いの元からケアができる製品も出回っています。

その他、雑菌やカビを抑制するシャンプーなどもいいでしょう。
皮脂の酸化を抑える石鹸など、臭い対策に特化した商品が多く開発されています。

そのうち、どれが自分の頭皮に合うものなのか見つけ出すことから頭皮の臭いケアが始まるのです。

そして大切なのは、洗い終えてからの頭皮のケアです。
まず、シャンプーやコンディショナーをしっかりと洗い流して、雑菌の繁殖を防ぎましょう。

そして、水分も雑菌が増える温床となるので、ドライヤーなどでしっかりと乾かすことが大切です。
さらに、その後に頭皮用のローション等を使用して保湿すると、より効果的となります。

急なフケは頭皮環境の悪化が原因

フケが大量に発生すると気になるのは当然のことです。
自分で気になるどころか周囲からの目も気になってしまいます。

そのため、フケを取りたい気持ちから一日に何度もシャンプーを繰り返してしまいがちとなるのです。
確かに、シャンプーをすると、頭皮はすっきりして、髪に付着していたフケもきれいにとることができます。

しかし、フケが気になるからとシャンプーをし過ぎるのは実はNGなのです。
洗い過ぎは、かえってフケの大量発生を招いてしまう可能性があるからです。
フケで悩む人にとっては、できるだけ皮脂を取り除きたいと思うものですが、皮脂には雑菌の侵入を防いだり、地肌を保湿したりする役割があります。

つまり、シャンプーをすればするほど、本来あるべき皮脂まで取り除かれてしまうのです。
そのせいで地肌は乾燥してしまい、その結果さらにフケが発生しやすくなるのです。

フケを抑えるためには、シャンプーで頭皮を清潔に保つことが大切ですが、一日に何度もシャンプーをしているなら、まずはシャンプーの回数を控えるようにしましょう。

シャンプーの適切な頻度は、一日一回です。
アミノ酸系シャンプーの洗浄力は石鹸系や高級アルコール系に比べるとやや落ちます。
ということは、毎日使用しても髪や頭皮の健康を損なわないメリットがあるのです。

シャンプーはパッケージを見ただけでは洗浄成分の違いを判断することは難しいです。
そこで、ボトル裏の成分表を見えればすぐに判断できます。

かゆみがある場合はシャンプーが原因の可能性

石鹸系は、成分の安全性は高いものの洗浄力が非常に高いので、髪や頭皮にとって刺激になる場合があります。
そのため、石鹸系のシャンプーはおすすめできません。

また、高級アルコール系は、泡立ちが良く汚れを落としやすいのですが、石鹸系以上の洗浄力があるので、やはりおすすめできません。
現在、石鹸系や高級アルコール系のシャンプーを使っているならまずは使用をストップするようにしましょう。

特にかゆみがある場合は、頭皮を著しく損傷している可能性があります。
かゆいからついついかいてしまって、さらに頭皮を傷めてしまうのです。
かくにしても触るにしても指の腹で触るようにしましょう。

リアップx5プラスでかゆみが出たら?

育毛剤

リアップx5プラスを私用していて、かゆみが出たらどうしたらいいでしょうか。
そのときは、一旦使用をストップして様子を見ます。
頭皮の活性化によるかゆみは、放っておいてはいけません。

少しでも頭皮のかゆみを感じたら、一旦育毛剤の使用をストップして様子を見るようにしましょう。
頭皮への刺激も極力抑えるように心がけてください。

かゆみが止まっても油断は禁物です。
育毛剤の量を少し減らして、肝心なのは頭皮をびっくりさせないようにするのがコツです。

そして、リアップx5プラスの使用をやめて育毛剤の種類を変えてみるのも一つの方法です。
頭皮のかゆみが長期間続いたり、育毛剤の量を減らしてもかゆみが止まらない場合、頭皮と育毛剤の相性が悪いことが考えられるからです。

そのときは、思い切って育毛剤の種類を変えてみましょう。
全額返金保障付きの育毛剤なら、もし頭皮との相性が悪くても、お金が全額返ってくるのでおすすめです。

そして、ものは試しなのですが、頭皮専用の美容液を使ってみましょう。
頭皮専用の美容液を使うのは、育毛を促進するものではありませんが、頭皮の状態を正常に戻してくれる効果があります。

まずは、痛んだ頭皮を元の状態に戻すことが先決です。
また、かゆみが止まらない場合は、リアップx5プラス自体が頭皮に合わないと考えていいでしょう。

効果があるないといった以前の問題で育毛剤を変える必要があります。
そして、何よりも肝心なのは、効果的な育毛には健康的な頭皮が必要不可欠ということです。

育毛剤の使用は頭皮を正常に戻してからでも遅くはありません。まずは頭皮のコンディションを整えてから、もう1度育毛剤にトライしましょう。

 

帽子をかぶる仕事はハゲやすいのか?

帽子は間違ったかぶり方をすればハゲます。
帽子は正しくかぶればかなり便利なアイテムです。

そもそも帽子の役割は、頭を守ることにあります。
頭を守るというのは、ヘルメットみたいに衝撃から守るという効果も少しはあるのですが、メインは太陽からの直射日光や紫外線からを守って、頭の温度上昇を防ぐことです。

頭の温度が上がれば、熱中症はもちろんですが体調を悪くしたり頭皮が炎症を起こしてしまいます。
また、冬場の寒い時期でも、頭が冷えることによって血行が悪くなります。
髪の毛に栄養がいかなくなってもハゲるので、頭皮を寒さから守る効果もあるのです。

頭皮に炎症を起こすということは、髪の毛に大きな影響を与えることになります。
寒い時期での血行不良も髪の毛に大きな影響を与えるのです。

頭皮の炎症や血行不良は髪の毛の成長を大きく妨げるので、ハゲにつながります。
以上のことから、帽子というのは、正しくかぶれば、ハゲの『防止』にもなるのです。

帽子をかぶるとハゲる?についてまとめてみます。
・通気性の悪い帽子はムレる
・しめつけの強い帽子は頭の血行を悪くする
・長時間がかぶっているとハゲる
帽子は正しくかぶれば、ハゲの防止にもなるアイテムということですね。

屋外での仕事はハゲやすいのか?

帽子は頭皮を守ってくれるのでハゲの防止にもなります。
それでは、正しい防止のかぶり方はどのようにしたらいいのでしょうか。
帽子の正しいかぶり方は、適度に換気をすることです。

帽子かぶって1日過ごしたあとは必ず頭を洗って寝ることが大切です。
屋外では特に帽子は必要なアイテムです。
それはハゲを防止するためでもあり、ハゲてしまった人の頭皮を守るためでもあるからです。

薄毛やハゲで悩んでいる人にとっては、帽子は髪の毛を隠せるので、便利なアイテムでもあります。
しかし、室内でつけたままにしてしまうと逆にどんどん髪の毛が抜けていってしまいます。

ですから、ハゲや薄毛で悩んでいる人は室内では、帽子をとるように心がけましょう。
ずっと帽子をかぶっていれば、ハゲを気にすることはない・・・そんなふうに思ってしまうのが一番危険なのです。

実はどんどん自分の髪の毛を追い込んでしまっているということですね。
そして、肝心なのは屋外での仕事はハゲやすいのかということです。

まず、紫外線から頭を守らなくてはいけません。そのためにも帽子が必要ですが、ずっと帽子をかぶっていたのでは蒸れてしまって、頭皮環境を著しく悪くしてしまいます。そこにさえ気をつければ屋外の仕事だからハゲやすいということはありません。

薄毛になりやすい職業となりにくい職業があった!

営業

ハゲやすい職業ランキングを紹介していきます。
内容を見れば「なるほど」と思わされるものが多いですよ。

・企画・マーケティング
とにかく忙しく、不規則な生活習慣にならざるを得ないです。
そのため、生活習慣の乱れから頭皮に悪影響が起こり、そこから薄毛に発展するケースが多いのです。
また人づき合いが多く、自分自身の企画が会社を左右する性質を持っているので、ストレスを抱え込みやすのも大きなポイントになります。

・営業
対人スキルが要求される職業です。
付き合いの飲み会、外回りが多いのでストレスが過剰にかかってきます。そして、生活習慣が不規則になりがちな傾向にあるのです。

・技術職
技術職は上からのプレッシャーが大きくかかりやすい職業と言えます。
自分ではベストを尽くしていても、上からは「まだやれるだろう」「こんなもんじゃダメだろう」といった圧力をかけられることも多いのです。
また失敗が許されないケースも多いので過剰なストレスを受けやすい職業です。

IT職
IT職はとにかく勤務環境が良くないことが多いです。
一日中机に座りっ放しで、パソコンとにらめっことなります。
おまけに残業もかなり多いので、ストレスが慢性的にかかり続けているといっても過言ではありません。

以上が薄毛になりやすい代表的な職業です。
ほぼ全てストレスが影響する職業ですから、ストレスをあまり感じない職業が薄毛になりにくい職業ということになりますね。

ストレスと薄毛の関係

ストレスを受けると、どのようにして薄毛になっていくのでしょうか。
まず、ストレスを受けると、自律神経のうちの1つである交感神経が働き始めます。

交感神経が活発に働くことで、心臓の動きも活発になって、血圧が上昇するのです。
血圧が上昇すると、沢山の血液を送り出すことができるので、たくさんの栄養を補給するようになります。

そうすることで、ストレスに対応する事ができるのです。
ですから、適度なストレスはとくに薄毛と結びつくようなことはありません。

慢性的にストレスを受けるようになると危ない
沢山のストレスを慢性的に受けるようになると話は変わってきます。

その状態になると、常に血管が収縮されるので、血行不良に陥りやすくなります。
そうなると、髪の毛に栄養が行き届かなくなるのです。
また、沢山のストレスに対処するためには、沢山の栄養やエネルギーが必要となります。

しかし、生命維持に必要な脳や主要臓器のためのエネルギーを削るわけにはいきません。
そうなると、限りある栄養やエネルギーの中でどこを削るかというと、頭皮や髪の毛の成長に使うエネルギーを削ってしまうのです。

こうなってしまうと、髪の毛の成長を支える毛乳頭や毛母細胞が本来の働きができなくなり、髪の毛が抜け、薄毛になってしまうということです。

リアップx5プラスを使ったら頭皮がかゆい!その原因は?

AGA(男性型脱毛症)で悩んでいる人の中にはリアップx5プラスを使用している人もいるでしょう。

そのリアップx5プラスには発毛効果が認められているミノキシジルが5%も配合されていますので、使用するほとんどの人は薄毛の悩みを解決しています。

そうしたリアップx5プラスを使用している人で頭皮がかゆくなったという人もいるのではないでしょうか。

では、どうしてリアップx5プラスを使用すると頭皮がかゆくなるのでしょうか?

それは、リアップx5プラスに配合されているミノキシジルが原因とされています。

ミノキシジルによる頭皮のかゆみは血管が拡張されることによって血行が良くなり、一時的に頭皮がムズムズしてかゆくなってしまいます。

ミノキシジルはもともと血管を拡張させて血圧を下げる高血圧治療薬でした。

ですので、使用すれば誰でも血管が拡張されてかゆみが生じてしまうのです。

例えば寒い場所から温かい場所に移動すると頭皮だけではなく全身がかゆくなることがあります。

それと同じことがミノキシジルを使用することによって起きています。

こうしたことが原因となって頭皮がかゆくなりますが、かゆいからと言って頭皮を掻きむしるのは頭皮環境を悪くして抜け毛の原因となってしまいますので、発毛効果を得るためにもできるだけ我慢して乗り越えていきましょう。

赤みやかゆみは放置しても大丈夫?

リアップx5プラスを使用すると頭皮がかゆくなったり赤みが出てしまうこともあります。

これはリアップx5プラスに配合されているミノキシジルが主な原因となりますが、使用する人によっては違う原因によってかゆくなったり赤みが出てしまうことがあるのです。

肌が弱い人や頭皮を?きむしる癖がある人です。

特に肌が弱い人はミノキシジルの血管拡張作用によってかゆみが出やすいですし、アレルギー反応を起こしてしまうこともあります

また、頭皮を掻きむしる癖がある人は頭皮が傷ついている可能性があり、その傷ついているところに刺激を与えたり血流が良くなったりすることで炎症が起きやすくなります。

特に爪を立てて?きむしる人は頭皮がひどく傷ついている可能性が高いので赤みやかゆみが出やすくなります。

このような原因で出たかゆみや赤みは一時的な反応とも考えられますので様子を見ながら使用しても大丈夫です。

しかし、一時的ではなく常にかゆみがあったり赤みがなくならない場合は使用を中止したほうが良いでしょう。

また、激しいかゆみが続いたり赤みが酷くなってしまったときは病院に行って医師に診てもらうのが安心で良いです。

もし病院に行くことになったら薄毛に関することを相談するのも良い方法と言えます。

アレルギー体質の人は注意が必要

頭皮の痒み

リアップx5プラスを使用する人でアレルギー体質の人は注意が必要です。

リアップx5プラスに配合されているミノキシジルにはアレルギー反応を起こしやすい成分が含まれているからです。

その成分にはアルコールやプロピレングリコールなどです。

アルコールは様々な種類がありますが、特に多いのはエタノールとなっており、刺激が強いのでアレルギー体質の人が使用すると頭皮がヒリヒリして炎症を起こしたりかゆみが出てしまいます。

プロピレングリコールもアルコールの一種ですが、エタノールと同じように刺激によるアレルギー反応が起こりやすくなります。

このようなことからも分かるようにアレルギー体質の人がリアップx5プラスを使用すると頭皮のトラブルを起こしやすくなりますので、使用する場合はアレルギー反応をしっかり見て注意しておきましょう。

もしアレルギー反応が続くようなら医師に診てもらうと酷くならないの良いでしょう。