帽子をかぶる仕事はハゲやすいのか?

帽子は間違ったかぶり方をすればハゲます。
帽子は正しくかぶればかなり便利なアイテムです。

そもそも帽子の役割は、頭を守ることにあります。
頭を守るというのは、ヘルメットみたいに衝撃から守るという効果も少しはあるのですが、メインは太陽からの直射日光や紫外線からを守って、頭の温度上昇を防ぐことです。

頭の温度が上がれば、熱中症はもちろんですが体調を悪くしたり頭皮が炎症を起こしてしまいます。
また、冬場の寒い時期でも、頭が冷えることによって血行が悪くなります。
髪の毛に栄養がいかなくなってもハゲるので、頭皮を寒さから守る効果もあるのです。

頭皮に炎症を起こすということは、髪の毛に大きな影響を与えることになります。
寒い時期での血行不良も髪の毛に大きな影響を与えるのです。

頭皮の炎症や血行不良は髪の毛の成長を大きく妨げるので、ハゲにつながります。
以上のことから、帽子というのは、正しくかぶれば、ハゲの『防止』にもなるのです。

帽子をかぶるとハゲる?についてまとめてみます。
・通気性の悪い帽子はムレる
・しめつけの強い帽子は頭の血行を悪くする
・長時間がかぶっているとハゲる
帽子は正しくかぶれば、ハゲの防止にもなるアイテムということですね。

屋外での仕事はハゲやすいのか?

帽子は頭皮を守ってくれるのでハゲの防止にもなります。
それでは、正しい防止のかぶり方はどのようにしたらいいのでしょうか。
帽子の正しいかぶり方は、適度に換気をすることです。

帽子かぶって1日過ごしたあとは必ず頭を洗って寝ることが大切です。
屋外では特に帽子は必要なアイテムです。
それはハゲを防止するためでもあり、ハゲてしまった人の頭皮を守るためでもあるからです。

薄毛やハゲで悩んでいる人にとっては、帽子は髪の毛を隠せるので、便利なアイテムでもあります。
しかし、室内でつけたままにしてしまうと逆にどんどん髪の毛が抜けていってしまいます。

ですから、ハゲや薄毛で悩んでいる人は室内では、帽子をとるように心がけましょう。
ずっと帽子をかぶっていれば、ハゲを気にすることはない・・・そんなふうに思ってしまうのが一番危険なのです。

実はどんどん自分の髪の毛を追い込んでしまっているということですね。
そして、肝心なのは屋外での仕事はハゲやすいのかということです。

まず、紫外線から頭を守らなくてはいけません。そのためにも帽子が必要ですが、ずっと帽子をかぶっていたのでは蒸れてしまって、頭皮環境を著しく悪くしてしまいます。そこにさえ気をつければ屋外の仕事だからハゲやすいということはありません。

薄毛になりやすい職業となりにくい職業があった!

営業

ハゲやすい職業ランキングを紹介していきます。
内容を見れば「なるほど」と思わされるものが多いですよ。

・企画・マーケティング
とにかく忙しく、不規則な生活習慣にならざるを得ないです。
そのため、生活習慣の乱れから頭皮に悪影響が起こり、そこから薄毛に発展するケースが多いのです。
また人づき合いが多く、自分自身の企画が会社を左右する性質を持っているので、ストレスを抱え込みやすのも大きなポイントになります。

・営業
対人スキルが要求される職業です。
付き合いの飲み会、外回りが多いのでストレスが過剰にかかってきます。そして、生活習慣が不規則になりがちな傾向にあるのです。

・技術職
技術職は上からのプレッシャーが大きくかかりやすい職業と言えます。
自分ではベストを尽くしていても、上からは「まだやれるだろう」「こんなもんじゃダメだろう」といった圧力をかけられることも多いのです。
また失敗が許されないケースも多いので過剰なストレスを受けやすい職業です。

IT職
IT職はとにかく勤務環境が良くないことが多いです。
一日中机に座りっ放しで、パソコンとにらめっことなります。
おまけに残業もかなり多いので、ストレスが慢性的にかかり続けているといっても過言ではありません。

以上が薄毛になりやすい代表的な職業です。
ほぼ全てストレスが影響する職業ですから、ストレスをあまり感じない職業が薄毛になりにくい職業ということになりますね。

ストレスと薄毛の関係

ストレスを受けると、どのようにして薄毛になっていくのでしょうか。
まず、ストレスを受けると、自律神経のうちの1つである交感神経が働き始めます。

交感神経が活発に働くことで、心臓の動きも活発になって、血圧が上昇するのです。
血圧が上昇すると、沢山の血液を送り出すことができるので、たくさんの栄養を補給するようになります。

そうすることで、ストレスに対応する事ができるのです。
ですから、適度なストレスはとくに薄毛と結びつくようなことはありません。

慢性的にストレスを受けるようになると危ない
沢山のストレスを慢性的に受けるようになると話は変わってきます。

その状態になると、常に血管が収縮されるので、血行不良に陥りやすくなります。
そうなると、髪の毛に栄養が行き届かなくなるのです。
また、沢山のストレスに対処するためには、沢山の栄養やエネルギーが必要となります。

しかし、生命維持に必要な脳や主要臓器のためのエネルギーを削るわけにはいきません。
そうなると、限りある栄養やエネルギーの中でどこを削るかというと、頭皮や髪の毛の成長に使うエネルギーを削ってしまうのです。

こうなってしまうと、髪の毛の成長を支える毛乳頭や毛母細胞が本来の働きができなくなり、髪の毛が抜け、薄毛になってしまうということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です