本当に髪が生えるサプリはある?

サプリ

髪と頭皮に良い栄養が凝縮された育毛サプリ ボストン
ボストンは、髪と頭皮に良い栄養・成分を一粒にギュっと凝縮している育毛サプリです。

ノコギリヤシや亜鉛といったAGA対策成分を豊富に配合しているのが特徴です。
薄毛に悩む男性の80%以上が発症していると言われるAGAの改善にも効果が期待できるとされています。

また、ミレットエキスやヒハツエキス、フィーバーフューなどの抜け毛予防成分が抜け毛を抑えてくれます。
シャンプーのたびに、指に絡まった抜け毛をみると、大丈夫かなと心配になりますよね

そんな心配をしなくて済むようになるのは、育毛サプリであるボストンがAGA対策や抜け毛予防成分が豊富に配合しているからなのです。

さらに、普段の食事では不足しがちなタンパク質やビタミン群、そして亜鉛やミネラルなど髪の育毛に必要な栄養をこのサプリ1つで補給できるのです。

育毛の為にプロテインを飲んでいる人も少なくないと思いますが、この育毛サプリがあればプロテインなど飲まずに済みますね。

プロテインとボストンを比較した場合、ボストンの方が断然栄養価が高いです。(タンパク質だけはプロテインに負けますが…)

食事が偏っているかもしれないと感じる場合は、ボストンのような育毛サプリを飲むことで、栄養不足にならないよう補給することができます。

ボストンは、まとめ買いや定期コースによる割引も充実しています。
予算に合わせて選べるのも良いですよ。

 

亜鉛で髪が生えると言われる理由

亜鉛サプリを飲めば髪が生えてくる」と思い込んでいる方も少なくないでしょう。

確かに亜鉛は、髪の成長に必須の栄養です。
亜鉛が不足していたら健康な髪は生えてこないことからもわかります。

しかし、亜鉛だけを一生懸命とっても髪は生えてこないのです。
それは、亜鉛サプリだけを飲み続けても抜け毛は減りませんし、髪が元気になることもないということです。

大切なのはバランスと総合力です。
バランス良く対処しないと、生え際や頭頂部に元気な髪を生やすことはできません。
さらには、抜け毛や薄毛を予防することもできないのです。
亜鉛サプリを飲んでも薄毛が改善しない理由は、数ある薄毛原因の中でもほんの少しの部分しか改善できないからです。

亜鉛サプリを飲んで得られる効果を以下に示します。
髪の元になる栄養補給
AGA(男性型脱毛症)の改善
亜鉛サプリを飲むことで得られる主な効果・効能は上記2つだけです。
これだけでもすごいと思いますが…

一方、薄毛を招く主な原因は以下になります。
血行不良
髪の元になる栄養不足
頭皮環境の悪化
睡眠不足
AGA(男性型脱毛症)

こうして比較すると、亜鉛サプリを飲んで得られるたった2つの効果だけでは抜け毛や薄毛が改善できないのも当然といえるでしょう。

髪の元になる栄養は亜鉛の他にも、タンパク質、ビタミンA.B群.C.D.E、ミネラルなどが必要です。

亜鉛だけでは髪の栄養すら全然足りないことになりますね。
AGAの改善に関しても、亜鉛サプリを飲んでAGAを改善できるのでしたら副作用が強烈なAGA治療薬も必要ありません。

さらに、育毛剤や育毛サプリも必要ないですからね。

 

亜鉛で髪が抜ける人も!

インターネットの掲示板等で亜鉛のサプリメントを服用することで逆に抜け毛が増えた…というのがあります。

実際にそういうことがあるのでしょうか。
「亜鉛を多く摂取すると、銅の吸収を阻害し、時には銅欠乏症やそれに関連した貧血を生じることがある[79,80]。このため、AREDS研究[72]に使用されている製剤のように、多量の亜鉛を含むサプリメント製剤には、銅が含まれることがある。」(厚生労働省 統合医療」情報発信サイトより引用)

これを簡単に解釈すると…

亜鉛を過剰摂取してしまうと、銅が足りなくなってしまうということです。
銅が足りなくなってしまうと、どういったことが起こるのかというと、薄毛が進行していくということになります。

亜鉛を過剰に摂取する→銅が足りなくなる→脱毛症状へと至る
この流れで脱毛が起こっているのです。

 

食生活と薄毛の関係

薄毛の原因は血行不良と過剰な皮脂によるものです
まず、薄毛の原因となる2つのポイントを押さえておきましょう。

頭皮の血流が悪くなり頭皮環境が悪化
皮脂が毛穴につまり栄養が行きとどかない
薄毛は、この2つが大きな原因となります。

食生活で改善
薄毛につながる食べ物には、油っこいものがあげられます。
油が多い食べ物は、皮脂の分泌が多くなるので、毛穴がつまる原因となるのです。

さらに、油が多い食べ物には、高カロリーなメニューが多くなります。
それが肥満の原因にもつながります。
肥満は頭皮の血流を悪くするので、頭皮環境が悪化し、さらに薄毛につながってしまうのです。

また、野菜を食べないなど偏った食事も、髪に必要な栄養を補給できないので、薄毛につながることになります。

 

健康な髪と頭皮に必要な成分

カキ

薄毛を予防するのに効果的な食べ物を見ていきましょう。

薄毛を予防するには、次の3種類の栄養が大切です。

・タンパク質
・ビタミン
・ミネラル

タンパク質は、髪の毛の成長に最も重要な栄養素となっています。
おもな食品には、肉や魚、卵・大豆、乳製品などがあげられます。

これらの中でも、植物性タンパク質と呼ばれる豆や大豆は、髪の毛の成長に特によいとされるおすすめ食品となっています。
薄毛予防のために、まずタンパク質から摂取するようにしたいものです。

ビタミンも薄毛を予防する大切な栄養素のひとつです。
ビタミンは、血行を促進する作用があるため、頭皮の血流をよくする効果が期待できます。

ビタミンAが多い緑黄色野菜や、頭皮の新陳代謝を促す働きもあるビタミンBは、豚肉やレバー、さらには大豆などに含まれています。
毎日の食生活で、これらの食材をバランスよく摂取するように工夫してみましょう。

薄毛予防に効果的なのがミネラルです。
なかでも亜鉛は、髪をつくる際に必要となってくる重要な栄養素です。
おもな食品として、レバーやカキ、魚介類などに多く含まれています。

亜鉛は普段の食生活のなかでも不足しがちな栄養素なだけに、意識して摂取するよう心掛けるようにしましょう。

タンパク質、ビタミン、ミネラルは普通の食生活を送っていると問題なく摂取できる栄養素です。

それでも、加齢とともに摂取量が減少してくる栄養素でもあるので、薄毛が気になる年代になったら、意識して積極的に摂取するようにしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です