リアップとリアップx5プラスの違い

頭皮

薄毛の効果がある育毛剤は色々な種類が発売されていますが、育毛剤では改善できないことがよくあります。

だから、発毛効果がある発毛剤を使用したほうが良いのですが、その発毛剤で人気を集めているのが大正製薬のリアップシリーズです。

このリアップシリーズには従来品のリアップや最新のリアップx5プラスがあり、この2つには大きな違いがあります。

それは含まれている成分と量にあります。

リアップはシリーズで最初に発売されており、1999年にミノキシジルを1%配合されていることで注目されました。

内容量は60mLと120mLの2つが用意されており、ミノキシジルの他にプロピレングリコールという肌に優しい成分が含まれています。

一方でリアップx5プラスにはミノキシジルが5%も配合されており、他には3つの有効成分、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、I-メントールが配合されています。

ピリドキシン塩酸塩は過酸化物質やフケの原因となる皮脂の過剰分泌を抑制させることができます。

トコフェロール酢酸エステルは皮脂の酸化を防いで頭皮を保護し、I-メントールは頭皮のかゆみを抑えて清涼感を与えてくれます。

リアップとリアップx5プラスには、このような違いがありますが、含まれている成分からも分かるようにリアップx5プラスのほうが効果的と言えますので薄毛で悩まされている男性は使用すると良いでしょう。

リアッププラスとリアップx5プラスの違い

リアップシリーズの一つにリアッププラスとリアップx5プラスがありますが、この2つの違いは何があるのでしょうか?

リアッププラスには発毛有効成分のミノキシジルが1%配合されていますが、リアップx5プラスには5%も配合されています。

この違いがリアッププラスとリアップx5プラスの最大の違いと言えるでしょう。

また、リアッププラスにはミノキシジルの他に、皮脂の酸化を防いで頭皮を保護するトコフェロール酢酸エステル、頭皮に清涼感を与えてかゆみを抑えるI-メントール、毛細胞に栄養を補給するパントテニールエチルエーテルが配合されています。

リアップx5プラスにはミノキシジル5%の他にピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、I-メントールが配合されています。

ピリドキシン塩酸塩は過酸化物質やフケの原因となる皮脂の過剰分泌を抑制させることができます。

トコフェロール酢酸エステルは皮脂の酸化を防いで頭皮を保護し、I-メントールは頭皮のかゆみを抑えて清涼感を与えてくれます。

このような違いがありますが、やはりミノキシジルを5%も配合しているリアップx5プラスのほうが効果的ですので気になる人は使用してみてはいかがでしょうか。

他にもあるリアップ製品

女性

リアップシリーズには、リアップ、リアッププラス、リアップジェット、リアップx5プラス、女性用のリアップリジェンヌがあります。

こうしたリアップシリーズにはミノキシジルが配合されていますので発毛効果を得ることができます。

特にリアップx5プラスは他の製品と違ってミノキシジルが5%も配合されていますので、使用するほとんどの人が高い発毛効果を得ることができます。

また、リアップジェットは他の製品と違って定量噴射容器を採用しているジェット式エアゾールになっています。

頭皮に直接当てて15噴射するだけですので手軽に塗布できますし、ジェット式エアゾールによって心地よい使用感を実現させています。

この他にはヘアケア商品のプレリアップシリーズがあり、スカルプシャンプー、ヘアコンディショナー、クレンジング、マッサージトニックなどがあります。

このようなリアップ製品を使用して薄毛を予防したり改善したりしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です