リアップx5プラスを女性が使っても大丈夫?

薄毛の悩みを抱えているのは男性だけではなく、女性でも様々な原因による薄毛で悩んでいる人もいます。

男性に比べて女性の方が少ないのですが、恥ずかしい思いをすることには変わりありません。

だから、女性でも何らかの方法で薄毛を改善している人もいますし、放置しておいても改善することはできませんので発毛剤を使用して改善したほうが良いです。

では、男性用として発売されているリアップx5プラスを女性が使用しても良いのでしょうか?

この疑問は薄毛で悩んでいる女性の多くが抱いているでしょう。

リアップx5プラスは女性でも使用することはできますが、安全性が確認されていませんのであまりおすすめすることはできません。

リアップの公式サイトではリアップx5プラスを女性が使用するときの安全性が確認されてないとの見解を示していますので、仮に女性が使用してトラブルが起きても自己責任ということになってしまいます。

また、リアップx5プラスは男性の壮年性脱毛症に効果が認められていますので、女性の脱毛症には効果が無いということになります。

それと、妊娠中や授乳中にリアップx5プラスを使用することはできませんので注意しておきましょう。

しかし、薄毛で悩んでいる女性でもリアップシリーズの発毛剤を使用して薄毛を改善することができます。

その発毛剤とはリアップリジェンヌです。

リアップリジェンヌは女性用に開発された発毛剤ですので、用法用量などを守って使用すれば効果的に薄毛を改善することができるでしょう。

リアップリジェンヌとリアップx5プラスの違い

抜け毛

日本で唯一、発毛効果が認められている発毛剤はリアップシリーズですが、その中には男性用と開発されたリアップx5プラスと女性用のリアップリジェンヌがあります。

この2種類の発毛剤の大きな違いは配合されている成分や量にあります。

どちらにも発毛効果が認められているミノキシジルを配合していますが、リアップx5プラスには5%が配合されており、リアップリジェンヌには1%が配合されています。

どちらも100mLに配合されているミノキシジルの量ですが、女性用のリアップリジェンヌには1%しか配合されていません。

これは、ミノキシジルが男性の薄毛の一つにあたる壮年性脱毛症に効果があるからです。

そのため、女性が使用する発毛剤のミノキシジルの濃度が濃くても効果が高まるわけではありませんし、副作用の危険が高くなるというリスクが考えられますので、女性用のリアップリジェンヌには1%しか配合されていないのです。

また、リアップリジェンヌにはミノキシジルだけではなく、頭皮環境を整えるパントテニールエチルエーテルという成分も配合されています。

このパントテニールエチルエーテルは毛細胞に栄養を補給して頭皮を健全な状態に保つことができる成分ですので、ミノキシジルなどの効果を高めることができる成分でもあります。

一方でリアップx5プラスにはピリドキシン塩酸塩というリアップリジェンヌには配合されていない成分が含まれています。

このピリドキシン塩酸塩は過酸化物質やフケの原因となる皮脂の過剰分泌を抑制することができる成分です。

だから、皮脂量が多い男性用のリアップx5プラスにだけ配合されているのです。

リアップx5プラスとリアップリジェンヌには、このような成分の違いがありますが、どちらも発毛効果が認められていますので薄毛で悩んでいる人は使用してみるのも良いでしょう。

男性の薄毛の特徴

男性の薄毛は主に男性ホルモンの影響によるものが多くあり、生え際や頭頂部を中心に進行していくという特徴があります。

また、遺伝による薄毛もありますので、高い確率で薄毛になりやすい体質を遺伝してしまいます。

この遺伝による薄毛には脱毛を誘発する5aリダクターゼという酵素が深く関わっています。

それと、男性の薄毛で最も多いのはAGA(男性型脱毛症)です。

このAGAの特徴は男性ホルモンのジヒドロテストステロンが関わっていることや、生え際や頭頂部のどちらか一方、または双方から薄くなるという特徴があります。

この他には円形脱毛症や薬剤性成長期脱毛症などがあり、円形脱毛症はストレスが深く関わっているとされていますし近年では自己免疫機能の疾患と深い関係があると言われています。

女性の薄毛の特徴

女性の薄毛の特徴は髪全体が薄くなって頭皮が透けて見えるということが挙げられます。

また、女性の薄毛は女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって起こることがよくあり、髪が細くなったりボリュームがなくなるという特徴もあります。

ストレスや生活習慣なども深く関わってきますが、産後は女性ホルモンのバランスが乱れてしまうので脱毛症になりやすくなります。

女性の薄毛の種類には牽引性脱毛症やびまん性脱毛症、分娩後脱毛症や粃糠性脱毛症などがあります。

分け目が薄くなってきたり頭皮が透けて見えてきてからでは遅いので早めの対応が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です